HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/263604/

ハイジ気分でブランコ。相模湾の絶景を見渡せる天空のカフェへ。

佐保姫

佐保姫

都内在住。きもの学院 講師。きものサロンを主宰し、現代空間にマッチするファッションとしてのキモノを提案しています。また、ニッポンブランドマイスターとして商品開発も。“日本のモノづくりを知ることは、今の暮らしを見つめ直し、未来に繋がる”がモットー。全国のよきモノ、食を求めて旅した嗅覚で、面白いモノ・コト、おでかけをご紹介します。

記事一覧を見る

緊急事態宣言前は月一で訪れていた海沿いのヴィラを久々に訪れました。

ヴィラからほど近くオーシャンビューの絶景カフェ「COEDA HOUSE」へ。

「COEDA HOUSE」は熱海の丘の上、アカオハーブ&ローズガーデンの敷地内の山の麓にあります。アカオハーブ&ローズガーデンの入園料を払い、シャトルバスで麓まで行くと「COEDA HOUSE」が見えてきます。

アカオハーブ&ローズガーデンの園内の標高150mの高台に建つ自然に溶け込むデザインのカフェ「COEDA HOUSE」。

 

「COEDA HOUSE」は隈研吾氏の建築に魅せられてオープン当初から幾度となく伺っています。

樹齢800年というアラスカヒノキの角材が1500本建物の柱に使われ「小さな枝を組み合わせて大きな木のような建築を作りたかった」という建築家 隈研吾氏の思いを体現したデザインは1本の大木のようで足を踏み入れた瞬間、木の温もりと壮大さが感じられます。

構造を支える柱は樹齢800年というアラスカヒノキの角材1500本を49層に積み上げた構造で、ガーデンの景色と溶け込む一本の樹のようなデザインが魅力。

今回は雨上がりということもあり、相模湾を見渡す丘でダブルレインボーも見ることができました。

カフェと同じ麓に位置する空中ブランコはハイジ気分に浸ることができます。

カフェの前のルーフトップ。開放感に包まれます。

カフェには「熱海タルトフロマージュ」や「ローズジュース」、「バラのサイダー」などのメニューがあります。

今回は「バラのアイスクリーム」に。
伊豆の牧場のミルクに天然ローズウォーターを加えたアイス。
花びら入りのジャムがたっぷりかかりバラの香りがたまりません。

 

カフェなど麓で楽しんだら、坂を下りながらローズガーデンを散策します。

ローズガーデンのアーチをくぐる時、決まって聖子ちゃんの「野ばらのエチュード」を「歌のトップテン」の中継気分で口ずさんじゃう世代です。

アカオハーブ&ローズガーデンにある日本庭園「天翔」の世界最大の盆栽「鳳凰の松」は圧巻で見応えがあります。

 

都心から1時間半で自然と繋がり、ココロもカラダも解放されるひと時でした。
当たり前にある日常のありがたさを痛感しています。

 

アカオハーブ&ローズガーデン

園内施設 COEDA HOUSE

 

※COEDA HOUSEはアカオハーブ&ローズガーデン入園後に利用できる施設です。

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#中部 #静岡 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル