アール・デコの邸宅美術館とホテルオークラ東京

プロフィール写真

百聞は一見にしかず!なんて都合のいい理由をみつけて、スタジアム、美術館、映画館、ライブ会場に出没してます。でも読書もヨガも大好きのインドア派。かなざわ便りをおとどけします。

今年3月に開通した北陸新幹線に乗って東京にいってきました。 お盆ちょっと前ながら、すでに駅は大きな荷物を携えた家族連れでいっぱい。  思い起こせば約一年前、金沢駅に初入線した新幹線の車体をみてから、この日まであっと言う間でした。

image

あの日、動かなかった案内表示版も刻々とかわっていきます。(当たり前ですけど…)

 

静かに出発した車体に大きな揺れは無く、金沢市内を抜ける手前頃にはグゥーンとスピードアップしました。

 

座席はABCDE。金沢発の場合、A席だと日本海側。E席だと立山側です。この日は残念ながら青空にくっきり浮ぶ立山はみれませんでした。

 

『かがやき』に乗ると東京まで2時間半。金沢から特急サンダーバードで大阪へ行く時間で東京に着いてしまいます。ほんとうに近くなりました。

 

さてさて、今回はこどもの用事での上京でしたが、空いてる時間に美術館をまわりました。東京では朝から豪雨が降ったらしく、気温は少し下がったようですが、逆に蒸し暑さ倍増の日でした。

 

まずは、東京都庭園美術館。  『アール・デコの邸宅美術館 』をみてきました。

image_1

こちらの美術館は1933年に朝香宮家本邸として竣工された建物です。アール・デコの様式をふんだんに取り入れた邸宅は、のちに、吉田茂首相公邸として使用されたり、国賓のための迎賓館として使われていたこともあるそうです。

image_2

アール・デコ様式を取り入れた邸宅は、全体的にシンプルかつモダンです。その歴史ある空間にコレクターの方々の秘蔵品の調度品や家具が展示してあります。 モダンな装飾の中での宮様ご家族の暮らしが垣間見れて、時間の流れがゆったりとした気分になりました。

 

照明ひとつとっても、それぞれがオシャレで印象的でした。

image_3

いつもは、内部の写真撮影は厳禁ですが、この『アール・デコ展』の間は許されていましたので、撮影ポイントがあり過ぎて、贅沢三昧でした。

image_4

一階のパブリックスペースは華麗ですが、二階のプライベートルームは、日本のアール・デコを創り上げたそうです。二階のお部屋の窓から眺めるお庭の緑がとっても鮮やかでした。

 

image_5

新館には、コレクター(伊勢彦信氏、大村清一郎氏、松本瑠樹氏)の方々のアール・デコ様式のティーセットやA.M.カッサンドルの「ノルマンディ号」のポスターなどが展示されていました。

image_6

翌日は、ホテルオークラ東京「平安の間」で開催されていた『第21回 秘蔵の名品 アートコレクション展 美の宴』をみてきました。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
2015/09/11
アール・デコの邸宅美術館とホテルオークラ東京


  • To Top