京都の奥座敷のような寺で、 移り行く季節を愛でる/雲龍院後編

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

雲龍院後編

とっておき!

京都の奥座敷のような寺で、移り行く季節を愛でる

 

こんにちは、吉田さらさです。

さて、秋も深まってまいりますと、そろそろ紅葉の情報も気になるところです。

京都の奥座敷、雲龍院さんの庭園にも、見事な色に染まる紅葉があります。

ここだけのお話ですが、このエリアには紅葉で超有名な東福寺があり、

多くの観光客はそちらに行きますので、泉涌寺界隈は、比較的人が少なめです。

(内緒よ。誰にも言っちゃダメ・・・)

 

吉田雲龍院8

紅葉の時期には、夜間拝観もできます。

吉田雲龍院9

紅葉の見ごろは例年11月中旬~12月初旬。

夜間拝観は、2015年11月14日(土)~11月23日(月祝)です。

 

 

吉田雲龍院10

この秋は、毘沙門天像も特別公開されます。

毘沙門天様などの特別拝観 [京都非公開文化財特別公開] は、10月30日(金)~11月8日(日)。

1年間の修復を終えて、お寺にご帰還あそばした毘沙門天様。

こうした仏像の修復は、ぴかぴかに塗り直すのではなく、

いったん解体して直すべきところを直し、再度組み立て直すのが一般的です。

でも、写真の修復前(右)と修復後(左)のお姿を比べえると、

「すごく若返ったように見えませんか?」と住職さんの奥様はおっしゃいます。

 

 

確かにポーズも前よりしゃんとして、体全体が引き締まったような。

 

「足で踏んでいらっしゃる邪鬼も、修復前より修復後の方が

 

ぺちゃんこに潰されています。やっぱり若い方が力があるからでしょうか」

吉田雲龍院11

 横から見ても、違いは一目瞭然。

修復前(右)は、お腹も出ていて何となく前かがみ。

これって、自分にも当てはまるような・・・姿勢に気をつけなくちゃ。

 

雲龍院  http://www.unryuin.jp/

 

 

泉涌寺界隈には、雲龍院以外にも見どころがたくさんあります。

泉涌寺本体も素晴らしいし、

戒光寺の丈六(じょうろく)さん(巨大な釈迦如来像)、

即成院の二十五菩薩さんなど、よい仏像もあります。

近ごろ物忘れが多くなってきたなと思う方は、

頭から上の病気にご利益があるとされる

今熊野(いまくまの)観音寺 にもお参りしておきたいですね。

 

●泉涌寺の山内寺院の情報はこちらです。

http://www.mitera.org/sannai.php

 

お寺や紅葉を堪能したら、お腹がすいてきますね。

お昼処の情報が、次ページにありますよ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第21回
京都の奥座敷のような寺で、 移り行く季節を愛でる/雲龍院後編

  • To Top