潮干狩りに行かねばならぬ!最高に美味しいアサリを求めて

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

またまたこの時期がやってきました。
何が?って・・・花粉、です!!花粉~~~っ!!!
この時期、外に出るには、マスクがかかせないワタシです。
ですが。
ど~してもその時期に、行けねばならないトコロが私には、あります。

 

それは、「潮干狩り」です!
春霞が出始めるこの時期~がアサリが最高~っに美味しいのです。
私の潮干狩り歴は長く、かれこれ20年以上。
独身の頃から1人でも大潮になると、仕事帰りに行ってセッセと掘っておりました。
というわけで、現在も3月を迎えると、車の中には潮干狩りセットが常備されています。

こちらがそのセット。

tool

長靴、バケツ、軍手、熊手等。いつ何時でも潮干狩りに行けるよう準備してあるのです!
潮干狩りにはホント気合い入れてますよ~!!

 

アサリの旬はGW頃と言われますが、私の住む地域の瀬戸内沿岸では、2月末~3月頃には潮干狩りが始まっています。
GWではちょっと遅いかも??
なので、先日の大潮の日に、潮干狩りに繰り出してみました。

 

場所をお教えしたいのですが、こればっかりは・・・ヒミツ、です。
というのも、地元の人も自分で「ココ」という場所を探して、アサリを掘るから、なのです。
瀬戸内沿岸は、有料、無料の潮干狩り場所が混在しているので、現地で聞き込みすることをオススメします。
ちなみに、今回行った場所のヒントは、広島県東部~岡山県西部のこ~んな菜の花畑を横目に、向かったところです。

nanohana

今回は干潮時刻の2時間前に到着しました。
というのも、人気の場所は、年々人が増えて、車を置く場所の確保が難しいからなのです。
また、干潮時刻は、潮干狩りの終了時刻でもあります。徐々に潮が引いていくところを掘るのが正解です。

普段、この景色な場所が。

umi

じゃ~ん!!!!!!こうなりました。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top