南知多 山海温泉でお昼から宴会&温泉の至福

プロフィール写真

生まれも育ちも大阪という生粋の関西人ですが、結婚して名古屋在住に。昨年より、大学の研究室秘書として仕事を再開。美味しいものは、作るのも食べるのも大好き!「あれ美味しいよ~」と言われれば西へ東へ。子どもたちも独立したので、近場から、うんと遠くまで、興味をひかれたら心のままにおでかけします。

毎日お仕事柄、ずーっとPCのブルーライトを浴び続けている私。そういえば最近、めっきりショートスリーパーになっちゃって、お肌も疲れてきてるみたい・・・!?
ということで、親しい友人グループがお昼宴会を温泉&海辺で開催するというので、それに便乗し、思い切って週末の小旅行へ。

窓越しの絶景

南知多は名古屋から知多半島道路を経由して小一時間ほどで到着できるのでアクセスもよく、ちょっとした小旅行にぴったりの距離感☆半田インターを抜けて、南知多道路に入ってしばらくすると、眼前には海が広がってきます。
今回は、南知多、山海温泉と言えば、ここ!という、一度は泊まりたい憧れの宿、“粛 海風”さんへ。

外観
海沿いにそびえ立つ、威風堂々とした門構え。広々とした玄関に立つと、凛とした空気感が一瞬にして日常から非日常へと誘ってくれます。
眼前の飾り窓から見える春の海がまるで、水墨画のように美しい〜。

ロビー全体

飾り窓から海

今日は贅沢にお昼の宴会コースから始まり、ゆっくり一泊して温泉を堪能するプラン。通常11時〜14時までの日帰り温泉の宴会プランを16時までの2時間延長に。お風呂も自由に入れるのでゆっくり食事してから温泉にはいるもよし、先に温泉にはいってからゆっくりお食事をとることもできるので、自分たちのペースで過ごす事ができます。
宴会用には2階の広間が用意されており、そこまでいく廊下も和風旅館ならではの趣が随所に凝らされ、歩みを進めるごとにどんどんテンションが上がってきます☆

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top