HAPPY PLUS
http://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/78072/

魚沼で出会った、アンティークの器と着物が素敵すぎる

林檎(OG)

林檎(OG)

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

記事一覧を見る

インテリアに興味があったわけではありませんが、好きだなと思うのは、自分が生まれた昭和の時代のあの、雰囲気。
古い茶箪笥になぜかチリ紙(今はティッシュですね)が鎮座していたり、テーブルではなく、丸いちゃぶ台だったり、の、あの感じ。
もはや絶滅危惧種の道具たちですが、見ているだけで、とても心が落ち着く。
やっぱり昭和の時代は日本人の心のどこかに響くものがあるのですね。

 

 

さて、ここ魚沼には、そんな昭和時代、そして、もっとさかのぼって、明治、大正、なかには戦後すぐのものまで、古い蔵を解体するときに出た、貴重なお道具たち、布たち、家具たち、そんなものがあふれているお店があります。

 

 

知る人ぞ知る、

はやかわAntique & Crafts
DSC03782

店主自ら、蔵を解体するところに出向き、蔵主とともに、道具に向き合っています。

 

 

だからでしょうか、店内には、とても温かな空気があふれています。

 

入口の看板はこれ。読めますか?

DSC03783

最初はご実家でお父さんとともに営業されていたと伺いました。
その実家のあった地名が、’はやかわ’。これは、きっと最初の看板なのだろうなぁと、思わず赤い禿げたやかんとともに、パチリ。

 

 

写真ではとても表現しきれないほどの、この道具たちの醸し出す空気に、何時間居ても全く飽きることがありません。
この家ごと、連れて帰りたくなるくらいなんです。

 

 

まずは、しばし、ご覧ください。

最近は器が充実しています。
古伊万里の色合いのもの。
しかもお値段がかなりリーズナブルです。

DSC03786

DSC03791

古い器でしかも金が使ってあると、塩素系で漂白はできません。
古い蔵から出たいにしえの器たち。店主が一つ一つ丁寧にお掃除します。そして、店頭に並びます。

 

 

これらの漆器も状態がとてもいい! もちろん手入れもされています。
器本体と蓋は別売りです。
だって両方とも完璧に二つの器として使えるんです!

DSC03796

他にも古布の種類はとても豊富です。
着物だったものをほぐして、洗いをして、そして、一枚の布にして店頭に並ぶものも多い。
私もこんな素敵な千鳥模様の布を買い求めてきました。
暖簾にする予定!

DSC03814

縁側に干してあるもの、これは襦袢です。

DSC03792

帯もたくさん。
ライナーにもよさそうなものがたくさんです。

DSC03795

なんてモダンな帯でしょう!

DSC03798

窓からの借景。
吹き込んでくる風が心地よい。

DSC03787

店主は、様々なイベントを立ち上げてきた地域活性化の立役者でもあります。
とてもこの穏やかな表情からは感じられないけれど、静かなチカラを感じる方。

DSC03805

古いタンスの前で記念撮影です。

DSC03804

高そうに見えますが、ここに置いてあるモノたちは驚くほどリーズナブル!
店主曰く、

’本当はもう少し価格の高いもの、貴重なもの、作家ものとかも扱ってみたいんです。
でも、まだその域じゃないな、きっとそのうちそんなときも来るのかも。

 

 

この自然体にお道具たちも居心地の良さを感じているんだろうなぁ。
私も今日は、茶碗蒸しにする器を買ってきました!
値段が見えますか?

DSC03837

ばらばらで買い求めて、
こんなふうに使ってみます。

DSC03839

わざわざ出向く価値がある、魅力的なお店です。

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#北陸 #新潟

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル