大好きな三谷幸喜さんの『酒と涙とジキルとハイド』を観にお江戸へ

プロフィール写真

「なんでもみたい精神」で趣味は広く、しかし浅すぎるのが玉に瑕。サッカー観戦、美術館めぐり、三谷幸喜さん、村上春樹さん、EXILEが大好き。石川県よりおでかけ情報お届け。

桜満開の金沢を出発し
葉桜のお江戸に行って来ました。

今回の目的は 三谷幸喜さん脚本演出の

『酒と涙とジキルとハイド』の舞台を 観ることです。

三谷幸喜 酒と涙とジキルとハイド ポスター

まだ、冷たい空気のなか 朝一番の飛行機にのりました。

青空が広がるいいお天気。

真下には、雪をかぶったアルプスの山々の 稜線が、くっきりとみえ

わぉ~!です。 残念ながら写真は無しです。

電子機器は電源を切らないといけないのです。

おでかけ女史 JAL 飛行機

さて、 本日の会場は 池袋の東京芸術劇場です。

野田秀樹さんが芸術監督を してらっしゃいます。

池袋 東京芸術劇場 外観

池袋駅の西口に出ると 手作り作品の青空市を、やってました。

ペンダントやピアスなどのアクセサリーや バッグや小物など。 ゆっくりみたかったな?。

池袋 青空個展 看板

開演まえのコーヒーブレイク (劇場内)

酒と涙とジキルとハイドのポスターとコーヒー

芸術劇場は二度目です。

やはり三谷さん演出の 『ろくでなし啄木』でした。

そのときは 開演前の『観劇の注意』の アナウンスは

野田秀樹さんと三谷さんの 掛け合いでした。 いいコンビです。

今回は なんと、さまーずさんでした。

ちょっと噛んだりして 笑いが起こってましたよ。

前もってプログラムを購入し、 座席につきます。

真ん中では、ないけれど 三列目。

舞台上ではすでに実験台で 青い液体が コポコポしてます。

プレイハウス内は ちゃんと電波が届かない設備になってるため

安心して観れます。

観劇中の携帯の着信音ほど 無粋なものはないですから。

酒と涙とジキルとハイド プログラム

主演の片岡愛之助さんも 初舞台の、優香さんも 藤井隆さんも、

迫田孝也さんも 舞台狭しとかけまわり

お顔から汗が玉のように流れています。

ストーリーは ジキル博士が 人間の、心の奥底に潜む

もう一人の 自分を解放できるような薬を 作り出したことから始まる

ドタバタ喜劇です。

東京公演、大阪公演とまだまだ続くので ネタバレ厳禁ですね。

衣装も舞台装置も音楽も 素晴らしかったです。

やっぱり三谷さんの舞台は 最高です。

舞台の余韻を味わいながら デザートタイムです。

三谷幸喜 出演舞台 パンフレットとデザート

 

 

夜の羽田空港を飛び立つときの 光景は きらきらとして 光の地図のようです。

車の流れが 光を放つアリンコのようです。

羽田空港

人間って ちっぽけな存在だな~って 感じる瞬間です。

そのちっぽけな心のなかに 様々な葛藤を抱いて生きてるんだな?

って、 今日みた舞台と、 重ね合わせてみたり…して。

 

たどり着いた小松空港は やはりお江戸よりは冷たい風が 吹いていて

桜の花にとっては 良いのかも…と 思いながら、 家路につくのでした。

 

東京芸術劇場

https://www.geigeki.jp/

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

◆舞台を観ている間も髪のトップのふんわり感をキープしたい!

朝、せっかくセットしたのにおでかけ先でぺたんこ頭なんて、悲しい! だからスタイリングの仕上げに、髪のトップを持ち上げて、ケープ3Dエクストラキープで根元にさっとスプレーしてみてください。ふんわり感がキープされて、鏡を見るのも楽しくなりそう。ケープといえば若い頃、お世話になった方、多いのではないでしょうか? どんどん改良が重ねられ、今は面で固めるのではなく、髪を点と点で支えるので空気を含んだようなふんわり仕上げになるのです。さらに耐湿キープ処方なので湿気にも強く、ふんわりスタイルで1日気持ちよく過ごせますよ。春のおでかけ、楽しんでくださいね。


2014/05/07
大好きな三谷幸喜さんの『酒と涙とジキルとハイド』を観にお江戸へ

  • To Top