パリで最も美しいパッサージュへ行く、母娘の旅

プロフィール写真

外資系企業で働くアラフィフOL。片付け好きが高じて整理収納アドバイザー講師もしています。バレエ鑑賞や食べ歩き、インテリアショップめぐりに温泉旅行など、「行ってみたい!」と思ったら即行動するタイプ。都内在住4人家族+ねこ2匹。

母と娘で憧れのパリへ行ってきました。

初めてのパリにも関わらず、「行きたいところがたくさんあるから個人旅行で行っちゃお!」と、ホテルや美術館のチケット手配を済ませ、いざ出発!

せっかくフランスに行くのだから地元の人とのコミュニケーションも楽しみたいねと、たどたどしいフランス語で道を聞きながら、4つのパッサージュを巡ってきました。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

パッサージュとは19世紀前半に作られたガラス屋根が特徴のアーケード街です。

それぞれ床のタイルの柄やアーケードの形が違って個性豊か、壁の彫刻も芸術的でまるで19世紀にタイムスリップしたような建物なんですよ。

中でも目を引いたのが、日本人にもお馴染みのオペラ座から歩いて5分ほどのところにある「パッサージュ・ジュフロワ」。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

ガラスの天井から柔らかな日差しが降り注ぎ、のんびりとショッピングが楽しめるパッサージュです。観光客よりも地元の人で賑わっている感じですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93

中には雑貨屋さんにおもちゃ屋さん、素敵なサロン・ド・テもあってワクワク感満載です。

なんと!蝋人形館がありました。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%94

さすがに入る勇気が出なかったけれど、フランスの著名人や世界の有名人約250体の蝋人形がいる人気のスポットだそうです。

その向かい側にあるのは、おもちゃ屋さんの「パン・デピス」。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%95

ショーウィンドウには精巧に作られたミニチュアがたくさん飾ってあります。まるで本物みたいですが全部親指の爪ぐらいの大きさなんですよ。びっくりでしょ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top