OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/97055/

リボン・リボン・リボン! ロンドン至福のショップめぐり

Winter (OG)

Winter (OG)

東京・熊本でフラワーデザインのサロン主宰、兼主婦。東京から熊本へ住まいを移してこの夏で3年。熊本のみならず、九州各地を訪ね歩いては、その土地の自然や歴史に触れたり、美味しいものを見つけたり・・・・そんな生活を目下満喫中。まだまだ訪ねてみたいところ、やってみたいことは尽きません!

記事一覧を見る

年末の我が家の旅の行先は、今回もロンドンへ。
何度となく訪ねている場所への旅は、プランが立てやすく、安心感もあり、リラックスしながら滞在を楽しめるのが利点ですね。
前回の滞在では、久しぶりだったこともあり、原点に立ち返った観光(衛兵交代見学や、テムズ川下りなど)に終始したのですが、今回は観光スポットには拘ることなく、街歩きを楽しんで来ました。

 

 

そんな私が今回したかったのは、クリスマスオーナメントとリボン類を買うこと。
普段目にすることのないような面白い物に出会えたらいいな・・・と思いながら、まず訪れたのはメリルボーンにある「VV ROULEAUX」というリボン専門店。
メリルボーンハイストリートからちょっと入った小道にあります。

london1

このお店ではリボン類の他に、ヘッドドレスのオーダーも受けてくれるとのこと。かの有名なロイヤルアスコット競馬を観戦する際のヘッドドレスをここで誂える方も多いのだとか。
そして。。。お店に向かう途中にはこんなお店が!
カフェと洋服屋さんのクリスマスデコレーションですが、どちらも羽根が壁一面に張り巡らせてあって、インパクト大!
どうやらこのデコレーションは、これから向かうリボン屋さんの手によるものみたいです。
ついつい、「雨の日は大丈夫?」なんて思ってしまうのですけれど、それは野暮というものなのでしょう。インパクトと美しさを堪能しました。

london2

london3

そこから少し歩いた場所に、そのリボン屋さんはありました!外観はさきほどの二軒と色違いの真っ赤な羽根でデコレーションが施されています。分かりやすくてとても良かったのですが・・・、入り口には張り紙がされ、お店はなんと年明けまでお休み!!ショックです。
ホームページには何にも書いていなかったのに~!ですが、悔しがっていても仕方ありません(笑)

 

でも素敵なヘッドドレスを発見!

london4

london5

しっかりとお店の中の様子とウィンドウを堪能です。リボンのラインナップも気になりますが、やはり目が行くのはヘッドドレス。
ヘッドドレスはオーダーするとその日に仕上げて下さるのだとか。次回はひとつ、注文してみたいなぁ。なかなか日本での出番はないかもしれませんが、何事も経験。「私に似合うものを・・・」とお願いして、作って貰いたいです。一体どんなデザインのものが出来上がるのか・・・。
そんな妄想をしながらここを後にし、もう一軒の目的地へ。

london7

london8

そこから歩いて20分ほどの場所にある「Fan New Trimmings」。ここはリボンだけでなく、布やボタンなども置いてある手芸店です。
インテリア関係のお店やショールームが多く立ち並ぶ一角に、カラフルなショーウィンドウのこのお店が今日の第二の目的地。
ここは開いていました!良かった~!

london9

店内には、リボン、羽根、ヘッドドレスのベース、レースに布地、ボタン・・・所狭しと様々な色の様々なものが置かれており、こうしたものに目がない私のテンションはどんどん上がります。なんともいえない絶妙な色のリボン、パンチのあるネオンカラーのボタンや羽根などなど。

london10

ベーシックなものばかりでなく、日本ではお目にかかれそうにないような色、デザインの物が沢山あり、それらの使い方をイメージするだけでも楽しい空間でした。
多種多様な人たちが住むロンドンですから、それぞれに似合う色もデザイン、求める物も異なり、結果、ラインナップの幅が広いのでしょう。

london11

 

london12

リボンはどれもメーター単位で買うことが出来るので、気軽に様々なものを試してみようという気持ちになれます。
買ったリボンは、日本のようにきれいに巻いてはくれず、打ち立てのロングパスタのような状態のまま(つまり、長い状態のまま)袋にガサッと入れてくれるだけ。
少し面喰いましたが、それもまた旅の面白さ。ま、大勢に影響はないし・・・良しとしましょう。

 

 

買い求めたものは結局、どれも実用的な色のものばかりでしたが、とても楽しい街歩きの一日となりました。
V V ROULEAUX
http://www.vvrouleaux.com/

 

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#海外 #イギリス

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル