ナマステの国へ 第2弾 素敵な宿とプリ―の町

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

皆さん♪2回目のナマステ~~!!(インドでは何処でも、いつでもこの言葉は挨拶がわりに使えます)
というわけで、前回の記事に引き続き、アラフィフバックパッカーとも乃が旅したインドの宿泊施設や列車等の御紹介です。

kumiko
のっけから、失礼してバックパッカーの間では有名すぎる程有名なバラナシの「クミコハウス」。(今回、私は宿泊しませんでした)
以前は、日本人が多かったようですが・・・、最近は韓国の方が多いとのことです。
とはいえ、様々な旅行記に出てくる、こちらの宿をガンガー沿いに発見したときは、感激しました。

 

インドでは、様々なタイプの宿に泊まっていました。
初めてインドだったので、前日までに宿泊予約サイト等を使い、予約をして泊まった宿が多かったのですが、時々は、当日飛び込みでの宿探しもしました。(インドは旅人も多いので、観光地には宿も豊富にあります)

 

 

こちらが中流タイプのホテル。1泊約2000円~4000円程度。

hotel1

宿によって、朝食がついていたり、なかったり、その価格(インドでは高額)を出しても水シャワー(!!)だったり、窓ガラスの変わりに新聞紙(笑)だったり、アメニティがあったり、なかったり、宿によって様々でした。

hotel2
クチコミサイト等で確認して泊まるのが吉。でも、勝負(!!)してみるのもいいかも。

 

今回最安値だったのが、ジャイプルで泊まったトニーゲストハウス。
男女混合のドミトリー(相部屋)で400円以下。
リーフトップ(屋上)の居心地がよくて、だらりとしていました。
ご飯も頼めば出てきます。(別料金、でも格安)tony_g

あとはインド5軒、日本にも大阪、京都の2軒を展開しているサンタナグループ。
安心、の日本人宿です。(つまり日本語通じます。)
宿泊だけじゃなく、列車、飛行機予約等もしてもらえます。
その中でも、ダントツでおすすめはインドの東、コルカタ(カルカッタ)の南の地、「プリー」の”サンタナ・ロッジ”!

 

 

ここも伝説的な老舗の日本人宿で、泊まれたことにも大感激!!

santana1

オーナーのフォクナさん(画像左)は、「プリーのよさを日本に(世界に)広めたい」という信念のもとに経営されています。

 

 

宿泊費がドミトリーだと300ルピー(約510円)で朝、夕の2食付。
おまけに8時と16時にはチャイのサービスが♪
宿のアチコチにちょこっとしたくつろげる場所が作ってあるのもポイント高いです。
個室もあります。

 

次のページでプリーの町をご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top