顔たるみの隠れ要因! 血流の滞りポイント=インピンジメントとは?

プロフィール写真

小野晴康

ソリデンテ南青山院長。理学療法士。柔道整復師。理学療法に基づく独自のメソッド「ミオドレナージ」を考案。モデルなど著名人の顧客多数。著書に『ダイエットマッサージ大全』(光文社)など

顔のたるみの隠れた原因が、体のあちこちにある"インピンジメント"が硬くなること。顔だけでなくここもケアすれば完璧! 今回から2回に分けてご紹介します。

 

 

血流の滞りによって代謝が悪くなり、
たるみの原因に

顔のたるみには、血流障害も大きくかかわっていて、それを解消することも大切だと小野先生は話します。

 

「体には"インピンジメント"といって、いくつかの筋肉が集まり、太い神経や大きな血管を挟み込んでいる部分が何カ所かあります。例えば、みぞおちや脇、鎖骨、あごの下、首の胸鎖乳突筋や斜角筋などにあります。このようにいろいろなものが集中しているためインピンジメントは硬くなりやすいのですが、硬くなると顔が下に引っ張られやすくなるうえ、血流が悪くなるので老廃物が滞って炎症も起きやすくなります。それにより皮膚の奥の線維芽細胞からコラーゲン線維が過剰に作り出されて皮膚が硬くなり、代謝が悪くなってたるみやすくなるのです。ですから、インピンジメントの硬さを取るケアも定期的に行いましょう」

 

それに加え、えくぼのできる部分"モダイオラス"のケアも重要だとか。

 

「モダイオラスは顔の筋肉が集まっている部分。加齢などにより硬くなって肥厚しやすく、すると顔全体が下に引っ張られて下がってしまうのでここもケアを。顔をこするようなマッサージをするよりこれらの場所をケアするほうが、顔の引き上げ効果は絶大です」

 

以下からの方法でさっそくトライ!

 

 

鎖骨

ここが硬いとたるみ、くすみを招くからつねに柔軟に

顔たるみ 鎖骨

左の鎖骨のくぼみに右手の親指を当て、ギュッと3秒押します。これを3回。鎖骨のくぼみを3カ所に分けて位置をずらして同様に行って。終わったら反対側も行います。鎖骨のくぼみは指の第一関節まで入るのが理想的なので、それを目指して

 

 

 

次のページでは脇、みぞおちのマッサージ法をご紹介。

シェア ツイート LINEで送る
第15回
顔たるみの隠れ要因! 血流の滞りポイント=インピンジメントとは?

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top