ハリ研究ブースで体験!頬のへこみ実験でわかった肌弾力の低下

プロフィール写真

靴下大好き、冷え性きらい。
アイスクリームは20年以上食べていません。

なかなか肌診断に踏み切れない、

OurAge世代編集者

 

花王の新製品発表会レポートの第2弾です。

ハリ研究・説明ブースを訪ねました。

 

会場には、ときどき世にも恐ろしい(!?)実験ブースが存在します。

 

あなたの肌の状態(つまりOurAge世代の私にとっては老化具合?!)を診断しましょう」というものです。これ、自分の肌を特別な機械を使って客観的に見られるので、「やってみたい」、「でも人に見られたらいやだ」、「どうせやるなら、たっぷり寝た肌の調子のいい日にしたい」、「でもそんな日めったにないし」…などと心乱れます、はい。

 

 

今回、チーム健活3人、年齢高い順にマドレーヌ、ギリコ、とがちゃん、覚悟を決めてやりました。
実験方法は、頬に瞬間的に強い風圧を当て、高感度カメラで撮影。へこみの直径や深さをはかります。加齢とともにハリが失われ、へこみが大きくなるというのです。

花王エストへこみ図

花王エスト実験表

表を見ると、20歳では直径約15ミリ、40歳では約18ミリあたりでしょうか。

 

kaou
こちらはとがちゃん実験中。横の金属の管から頬に強い風が当たります。

 

花王エストへこみ写真

写真はギリコの頬のへこみの瞬間。私のへこみはうまく写真が撮れなかったのですが(隠したわけではない)、直径約18ミリとのこと。

 

「やったー、10歳ぐらい若い」とぬか喜びも束の間、とがちゃんは私よりひとまわり下なのはおいておいても16ミリ、ギリコも17ミリ。甘く診断してもらっても、肌の年齢の逆・下克上はなし。

 

 

やっぱり肌のハリが失われているのよね、なんとかしなくちゃ。

さっそく研究員の方から解説を伺います。

 

 

私達は、肌のハリというと、ついコラーゲンを増やすことを考えますが、実は、それだけではだめなのだそうです。

真皮をベッドにたとえると、マットがコラーゲン、コラーゲンを支え、変形したマットをもとに押し戻すバネがエラスチンに当たる

のだとか。確かに

バネ、大事です。

 

 

 

ということで、

コラーゲンだけでなく、エラスチンの変形を抑え、増量させることが、真皮の弾力の回復につながるのだそうです

 

 

そして、こちらは、エストの新商品説明ブースです。
花王エストディスプレイ

花王エスト

花王の35年の皮ふ科学研究の成果をギュッと凝縮した、新ハリ対策美容液「エスト アドバンスド エッセンス リフトサポート」が登場。

お試しで塗ってみると、お~、なめらかなつけ心地で、肌にす~っとなじむ感じ。

ハリの不足、なんとかするぞ~、と塗り塗りするのでした。

 

エスト アドバンスド エッセンス リフトサポート 30ml ¥7800(本体価格) 8月30日発売
レフィル(つけかえ用)30ml ¥7400(本体価格) 9月27日発売

 

◆エスト アドバンスド エッセンス リフトサポート

http://www.kao.co.jp/est/products/skincare/special13.html

 

 

「おでかけ女史組 〈supported by 花王〉」もご覧ください!

シェア ツイート LINEで送る
第8回
ハリ研究ブースで体験!頬のへこみ実験でわかった肌弾力の低下

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top