OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/otona_beauty/face-sagging/231516/

ドクターシーラボ発! 酸化・糖化に次ぐ第3の老化原因「カルバミル化」をくい止める!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

ドクターシーラボが着目した肌老化の第3の原因とは何か! 飽くなき研究魂の賜物に、たるみやシワをくい止められずにいた人には朗報です!

 

お話をお伺いしたのは

 

林田元治さん ドクターシーラボ 研究開発部部長。

林田元治さん

ドクターシーラボ 研究開発部部長。美容に関する研究開発35年。エビデンスをもとにしたメディカルコスメの開発に邁進

 

真皮にアプローチ

 

酸化や糖化のほかに第3の原因に着目したドクターシーラボ

 

肌老化の原因として、酸化や糖化は知られていますが、第3の原因に着目したドクターシーラボ。

 

「それが『カルバミル化』です。カルバミル化とは、肌のタンパク質と尿素の分解物が結合すること。コラーゲンが劣化し、肌構造自体が柔らかくなって、たるみやシワを招きます。

 

尿素の分解物は年齢を重ねるとともに蓄積。カルバミル化は年齢とともに進行してしまう、恐ろしいコラーゲン劣化原因です。

 

しかも、酸化や糖化と違い、外的刺激を防いだり生活習慣を変えたりするだけでは進行をくい止めるのが難しい現象です」

 

カルバミル化は、もともと特定の疾患の中では注目されていたのだそう。ただ、肌のコラーゲン劣化の要因として化粧品で着目したのはドクターシーラボが初めて。

 

盲点をケアできるようになったことは、たるみやシワをくい止められずにいた人には朗報です!

 

 

たるんだ肌は…
肌を緩ませる原因があった!

 

カルバミル化のイメージイラスト

酸化、糖化は、どちらかといえば肌を硬くする現象。触れたとき、硬くないのにたるんでいる人は、カルバミル化が進んでいるのかも。

 

 

イラスト/いいあい 取材・原文/小田ユイコ

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/ファンケル発! 抗酸化物質「チオレドキシン」が肌の劣化に歯止めをかける!?/化粧品各社の最新研究の切り札は?…

次の記事>

次の記事>
第5回/コーセー発! 肌のたるみは、脂肪間の「SMAS(筋膜)」がゆるんでいたからだった!/化粧品各社の最新研究の切り札は?…

この連載の最新記事

たるみ肌、しぼみ肌対策最新コスメ5選!/「真皮にアプローチ」編

第11回/たるみ肌、しぼみ肌対策最新コスメ5選!/「真皮にアプローチ」編

たるみ肌、しぼみ肌対策最新コスメ4選!/「遺伝子・脂肪・筋膜にアプローチ」編

第10回/たるみ肌、しぼみ肌対策最新コスメ4選!/「遺伝子・脂肪・筋膜にアプローチ」編

ITRIM(イトリン)発! 引き締まった肌のカギは「テネイシンX」にあった!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

第9回/ITRIM(イトリン)発! 引き締まった肌のカギは「テネイシンX」にあった!/化粧品各社の最新研究の切り札は?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル