OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/102123/

「『女優肌(R)』メイク術&ポートレート撮影」セミナーが開催されました!

ギリコ

ギリコ

セミナー担当の48歳。美と健康によさそうなことを試すのが大好き。今は3ヶ月間砂糖を断ち、金属(時計とか指環など)を身につけるのをやめて代謝をアップするというメソッドを実践中。すると……平均体温が1度もあがり、冷え性が劇的に改善♪ セミナー会場にはいつもいます!

こんにちは、ギリコです!

今日は先日開催された「『女優肌(R)』メイク術&ポートレート撮影」セミナーの様子を報告します。

 

卒業式、送別会、入学式、歓迎会…

春は人が集まる場にでたり、記念写真を撮る機会が多いものです。

 

 

今日はこんな時期に役立つこと間違いなしのテーマ「メイク術」を学べるのです。

会場は「玉川テラス」!

 

玉川髙島屋S・C本館屋上にあるサロンです(「セミナー報告記事」をご愛読くださっている皆さんにはおなじみの場所ですね)。

0006

 

本日使用するブランドは『エクスボーテ』。スキンケアアイテムからベースメイク&メイクアップコスメまでほら、こんなに勢ぞろい!

0007

このブランドはとくにベースメイクアイテムに定評があるのですが、『エクスボーテ』といえば「女優肌(R)」「ハイビジョン」という2つのフレーズがすぐ頭に浮かぶギリコ(実は元美容誌編集者)。

0003

でも、なぜ「女優」?

なぜ「ハイビジョン」?

 

ふふふ。

その答えは…

 

今から10数年前、テレビでハイビジョン放送がスタートしたとき、女優さんやメイクさんたちが「毛穴までしっかり映る」「かといってメイクを厚塗りにすると、厚塗りメイクさえ映ってしまう…」とハイビジョンの鮮明な映りに不安を持ったそう。

 

 

そこでテレビ局のメイクさんたちの

「ハイビジョンでも美しく映る肌に! そのためのファンデーションをつくって!」

という願いを叶えるため、誕生したのがこの 『エクスボーテ』なのです。

 

だから

「女優肌(R)」と「ハイビジョン」なのです。

 

 

 

もちろん今日使用するファンデーションも…

じゃじゃ~ん!

ビジョンファンデーション リキッド モイストタイプ』

0019

参加者のお肌が、どう素敵に仕上がるのか楽しみです。

 

そして今や『エクスボーテ』はベースメイクだけではなく、スキンケアアイテムとメイクアップコスメも手がけており、今日はそれらをフルに使ってメイクを学べるのです!

 

↓ちなみにメイクアアップアイテム(アイシャドウ、チーク、アイブロウ、パウダーファンデーション)はこちら

※アイシャドウは発売前の商品です。この日は特別にご用意!

0026

↓とくにギリコが気に入ったのはこれ。見ただけでウキウキしちゃう~、キレイな色のチーク♪

0023

 

セミナーの準備完了! あとは参加者の到着を待つばかりです!!

0001

教えてくれるのは吉岡由紀さん(左から二人目)。

0009

美容業界で活躍すること20数年、3万人を超える女性たちの肌を見てきた方です。

今日は吉岡さんをリーダーとして、なんと総勢5名のエクスボーテスタッフが強力サポート。

 

 

さぁ、みなさんがお越しになり、時間通りにセミナーはスタートしましたよ。

 

 

始まって間もなく、吉岡さんの号令で立ち上がって顔の斜め上に鏡を置き、自分の顔を見ている参加者のみなさん。

一体何をしているのかな?

0030

※鏡を覗くその理由、それは……気になる続きは次ページで!

始まって間もなく、立ち上がって顔の斜め上に鏡を置き自分の顔を見ている参加者のみなさん。

一体何をしているのかな?

 

「いいですか、今見ているお顔、フェイスラインがスッキリシャープでしょ?」

と吉岡さん。

「・・・・(コクン)」

うなずく参加者。

 

 

「これが…みなさんの10年前のお顔です」

(「ハッ!そういえばこんな顔だったかも……」と、まじまじと鏡を見るみなさん)

 

 

「そして、鏡を今度は顔の下に置いて覗き込むようにしてみてください。

お顔のお肉が下に垂れてきて、フェイスラインもたるんだようになっていますよね?

これが……」

 

「これが…」

 

すでにヤな予感がしているであろう参加者のみなさん。

 

 

 

「10年後のみなさんのお顔です!」

 

 

 「はぁ~(やっぱり)」

がっかりした様子でうなづく参加者のみなさん。

 

 

「今日のセミナーではメイク法を〝記憶〟に残し、第2部の撮影会でそれを〝記録〟に残して、『女優肌』を体験してください。

ということでまずはクレンジングからいきます!」

 

力強いかけ声とともに怒涛のメイクレッスンの幕開けです。

0040

本日は洗面台など洗顔できる設備がないので、水クレンジング『マイルドクレンジングウォーター』(セミナー開催時には発売前の商品。2017年6月発売予定)を使ってメイクオフ。

「コットンは2本の指ではさんで持ちます。

お顔の中心に置いたら外側へと滑らし、最後はスッと上へ」

デモンストレーションを見ながら、みな一斉に手を動かします。

0049

 

0060

プロのテクとその明解な説明に感心しながら実践する参加者のみなさん。

メイクオフをしたら、

薬用オルリッチ』(洗顔後すぐ使うローションいらずの乳液。これで肌を柔らかく整える)

薬用オルリッチハイプロテクトUV』(下地効果もある日焼け止め。UVだけじゃなく大気汚染、PM2.5、ブルーライトからも肌をブロック!)

ビジョンファンデーション リキッド モイストタイプ』(米粒大をとり顔全体にのばす。わずかな量で充分全顔カバーできる!)

エアーラスティングパウダー』(仕上げ用パウダー。これで化粧崩れを防止)

……と肌づくりだけでも盛りだくさんな内容ですが、セミナーはスムーズに進行。

 

なぜかというと参加者3名に対して1名スタッフがついているので、すぐ横ですかさずフォローしてくれるのです。

途中「どれがオルリッチ?」とか「ハイプロテクトって、どれくらいつければいいの?」と迷ったりしても大丈夫。

0075

0034

これぞ小人数制にこだわるOurAgeグッドエイジングセミナーならではのよさのひとつです。

 

 

お顔にクリームなどを塗るときは、必ず中指と薬指で行いましょう

人差し指は使ってはいけません

なぜなら力が入りすぎて肌に負担がかかってしまうからです

 

0061

途中、要所要所で各テーブルを見て回る吉岡さん。

0074

参加者にひとつでも多くテクニックを覚えて帰っていただきたいと真剣です。

 

ベースメイクが仕上がると

「女優肌っていうからもっと重い感じかと思っていたら、意外にも軽いつけ心地ですよね」

「あ、肌の表面がツヤツヤ。毛穴が消えてる」

同じテーブルに座った人同士で感想を言ったり、お隣の席の人がきれいに変身していくのを目の当たりにしたり…

これもメイクセミナーの楽しさです。

 

 

お肌が完成したら、メイクアップへ。

『エクスアーティスト ミューズアイ』(セミナー開催時は発売前の商品。2017年9月発売予定)

エクスアーティスト フレームアイライナー

エクスアーティスト ドレスアイ 』(マスカラ)

エクスアーティスト リアルフルアイブロウ

エクスアーティスト スリースターズチーク

エクスアーティストピントルージュ

の順で進めます。

この間にも

「いいですか、一番最初にブラシを置いたところがもっとも濃く色がつきます。

だから例えば眉を描くとき、決して眉頭から描いてはいけません(麻呂眉になります)。

一番しっかり濃く見せたいのは、、、、眉山です。

だからアイブロウパウダーやアイブロウペンシルなどは眉山にまず置きます」

 

 

「チークも同じです。

一番最初に置いたところが一番濃く色がつきます。

一番濃くてよいのは、笑ったときぷっくり盛り上げるところですよね?

まずはそこに置きましょう」

 

と、メイクの重要ポイントが次々と伝授されます。

 

その極めつけは、

「ビューラーを使わなくてもまつ毛が上がり、カールをキープできるマスカラのつけ方」。

その方法とは、、、、

 

まつ毛の根元にマスカラブラシを3秒間置いたあと、毛先に向かってそのまま上に引き上げる

 

エクスボーテのポイントメイク商品をプロデュースした、メイクアップアーティスト西山舞さんが編み出したテクだそうです。

(ギリコ注:これはエクスボーテのマスカラ『エクスアーティスト ドレスアイ』でのことであって、他メーカーのマスカラでもできるテクニックとは限りません)

 

OurAgeの読者にはビューラーが苦手な方が多いのでこれはうれしい。

ギリコ(しつこいですが元美容誌編集者)も初耳のテクです!

 

 

「パープルのアイシャドウって抵抗あったんですけど、これはなじみのよい紫色ですねぇ」

「いつもベージュの口紅が多いんですけど、今日はピンクにトライしてみようかな」

真剣に色を選んでトライするみなさん。

0089

それもそのはず……。

 

 

なぜなら今日のセミナーは2部構成。

メイクセミナーは第1部で、この後第2部の「撮影会」があるのです!

(↑会場に設置された撮影用ストロボとレフ板)

 

撮影するのは写真家本多佳子さん。

本多写真

君島十和子さんのライフスタイル本『十和子道』を撮影した写真家です!

(ちなみに担当編集はわたくしギリコ)

 

今回撮影するのは2パターン。

白バックのお写真と窓辺で自然光を生かしたスナップ風のお写真です。

どんな写真になったのか気になる! というみなさんのために、特別に参加者のおひとりKさんのお写真を見せてもらいましたよ。

 

↓白バックバージョン

金垣さん1

( ちなみにエプロンをつけボウルを持っている理由は、、、、

ご自宅で『料理教室indigo』を開いているので、お教室のパンフレットなどでプロフィール写真として使えるようにとのこと。

エプロンはKさんが持参なさったもので、ボウルは、、、、ホットタオルの準備など何かに使えるかもと思い、なんと編集部がたまたま用意していたもの。ドンピシャでした!)

 

 

↓自然光を生かしたスナップ風バージョンはこちら

金垣さん2

撮影前はちょっと緊張気味だったKさんでしたが、どちらも自然な笑顔で素敵な仕上がりに。

(この日撮影したお写真は、セミナー開催後1週間ほどしてギリコが参加者に個別にメールでお送りしたのですが、みなさんにとても気に入っていただけました)

 

 

撮影終了後は終わった方から順にお帰りいただき、いつもより長かったセミナーも無事終了!

しかも最後にうれしいサプライズが。

なんとなんとエクスボーテさんから、みなさんにお土産です!!!!

0017

しかもお土産は『エクスボーテ モイストファンデ実感キット』

内容は今回のセミナーでその実力を実感した『ビジョンモイストファンデ』(2.5か月分)、『エアーラスティングパウダー』(2週間分)、『エクストオイルクレンジング』(2回分)のセット。

ちなみに販売価格は税別3600円!

 

 

「これで明日からさっそくセミナーの復習をしてみてくださいね!

ファンデは米粒大を全顔にのばすのがポイントでしたよね!

クリームの類なんかは、塗るとき人指し指はつかっちゃダメでしたよね!

眉毛を描くときは眉山からでしたよね!

…(以下本日習ったポイントがいろいろ続く)

ということで目指せ、女優肌ッ」

と叫びながらお見送りしたギリコです。

***** ***** ***** ***** *****

OurAgeでは毎月さまざまなテーマでセミナーを開催しています。

おひとりでご参加なさっても大丈夫ですよ!

いつもアットホームな雰囲気で和気あいあい、ご自分のために思う存分その時間を楽しんでいただけるセミナーなのです。

 

会場にはギリコもいつもいますよ♪

ぜひご参加くださいね。

(※ただいま5月、8月のセミナーが満席となっています。7月のセミナーも残席わずかです。ごめんなさい。

OurAge会員になっていただくと、セミナーチケットの先行発売の特典があります。会員登録は無料ですので、この機会にぜひご登録を!)

●会員登録は下記からできます!↓

http://ourage.jp/about/

<前の記事

<前の記事
第45回/「顔グセ直しセミナー」が開催されました!…

次の記事>

次の記事>
第47回/「更年期をハッピーに過ごそう! マインドフルネス体験」セミナーが開催されました!…

この連載の最新記事

アラフィフが写真にキレイに写るコツは〝いつもより○○目のファンデーション〟と〝しっかりライン〟!「ポートレイト撮影付きメイクセミナー」が開催されました

第79回/アラフィフが写真にキレイに写るコツは〝いつもより○○目のファンデーション〟と〝しっかりライン〟!「ポートレイト撮影付きメイクセミナー」が開催されました

痩せたいならまず○○骨を動かすべし!13号→9号になった講師の言葉に参加者、興奮。「痩せる姿勢と歩き方セミナー」が開催されました

第78回/痩せたいならまず○○骨を動かすべし!13号→9号になった講師の言葉に参加者、興奮。「痩せる姿勢と歩き方セミナー」が開催されました

○○○色のファンデーションは肌をくすませる。だからアラフィフの肌には○色がベター!「美人メイク基本塾」が開催されました

第77回/○○○色のファンデーションは肌をくすませる。だからアラフィフの肌には○色がベター!「美人メイク基本塾」が開催されました

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル