仲良し〝友達親子〟は老後貧乏になりやすい?!

プロフィール写真

東京・銀座の「元気が出るお金の相談所」所長。FP歴22年目。これまでの相談件数は5000件以上、講演回数は1千回を超える。一男一女を育てあげた後、現在は義母と実母の介護に直面中。 お得な情報はより多くの人に知らせてあげたい!というおせっかいな性格。 モットーは「最後まで自分らしく生き抜く」。

こんにちは、『元気が出るお金の相談所』所長の安田まゆみです。

今回は不動産会社事務員T子さん(55歳)を例にあげ、

〝友達親子〟は老後貧乏になりやすい?!

というテーマでお話ししたいと思います。

 

〝友達親子〟って、きいたことありますか?

友達感覚で何でも話したり、一緒に遊び行ったりする親子関係のことです。

実は最近、この〝友達親子〟という関係ゆえに起きるお金のご相談が多いのです。

 

T子さんは、夫(58歳)、社会人2年目の長女(22歳)と専門学校を来年卒業予定の次女(18歳)と暮らしています。

 

自宅は築30年を超えたものの、東京の下町エリアにある持ち家で戸建て。

現在の貯蓄は500万円だそうです(次女の学費分を除く)。

 

現在T子さんの年収は約200万円、下町エリアにいくつか店舗を持っている不動産会社の経理担当をしているそうです。

自営業の夫の年収は約400万円

 

夫婦合わせて年収は約600万円です。

お金の山

T子さんの悩みは

〝とくに贅沢をしているわけでもないのに、お金が貯まらない〟

〝夫は自営業で退職金は出ないし、これからお金のかかることが出てきそうだというのにどうしよう〟

 

 

 

T子さんがいう〝これからお金のかかること〟とは、具体的には

「上の子が、この先3年以内には結婚するかもしれない」

ということでした。

 

「結婚式には、お金がかかるでしょう。

かといって、親戚の手前、地味婚なんてお金が無いみたいで恥ずかしいし……

私の両親にとっても長女は初孫で、孫の中でも特別な子なので、

ちゃんとしたホテルで披露宴をして、立派な晴れ姿を見せてやりたい。

けれどそれに出費しちゃうと、今度は私たちの老後資金が激減します。

 

自宅のローンは完済しているので、夫婦合わせて年収600万円なら、世間から見たら驚くような低い年収じゃないですよね?

 

 

ふたりの娘を短大と専門学校へ何とか進ませ、これからはやっと老後のための貯金ができると思ってたんですけど

なかなか貯まらないんですよねぇ。

 

なのに電車で雑誌なんかの吊り広告をみると〝老後の資金は最低3000万円必要〟なんて書いてあって、ギョッとします。

ほかの皆さんは、どうやっているんでしょうか?」

 

 

つまりは

 

・共働きにもかかわらず、マスコミがいうような老後資金は、貯まっていない。無理だ。でも気にはなる。

 

・子供の教育だけは、最低限のお金はかけてきたが、それ以外の支出、とくに贅沢だと思うような支出はしていない。

 

・うちと同じような状況なのにお金を貯めることができている家は、本当にあるのか。あれば、その方法を知りたい。

 

ということ。

 

実は私のところへご相談にいらっしゃる方の多くが、この

「共働きしているのにお金が貯まらない」

「贅沢をしていないのにお金が貯まらない」

パターンに当てはまる方。

 

これって、T子さんには失礼ですが、

典型的な貯まらない病

なんです。

 

 

「共働き=お金が貯まる」。

「贅沢をしない=お金が貯まる」。

 

と、多くの方は思っているんですが

違います。

 

 

確かに

夫一人が働くより、妻も働けば、世帯収入が増えますので、お金が貯まる可能性は広がります。

 

贅沢をしない=その家庭にとって不必要な物や不必要なことにお金を使わない、のであればお金は貯まります。

 

でも、、、

この考えには、大きな落とし穴があるんですよ~。

 

さぁ、一体それはどんな落とし穴なのか、これからT子さんの例で具体的に解説していきますね。

 

 ※典型的なお金が貯まらない病のT子さん。

その治療法とは?

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top