草刈民代さんが「ダメな女」になるために、したこととは? (インタビュー/前編)  


世界的プリマドンナとして頂点を極めた後に、女優に転身した草刈民代さん。

バレエで鍛え上げた身体は、役を演じる上でも大きなパワーになっているようです。

次々と新しい表現へと挑戦できるのは、健康だからこそ。

50代の今も凛として美しいのは、やはり健康だからこそ。

そのための日々の心がけ、秘めた思いを、語っていただきました。

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/馬場利弘 スタイリスト/宋 明美 取材・文/岡本麻佑

 

草刈民代さん

Profile

くさかり・たみよ●1965年生まれ。東京都出身。84年牧阿佐美バレエ団に入団。海外のバレエ団へのゲスト出演も多い。96年映画『Shall We ダンス?』(周防正行監督)に主演。97年日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を始め映画賞を多数受賞。同年3月周防氏と結婚。2009年現役を引退後、女優に転身。最近ではドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)『定年女子』(NHK)などに出演。10月7日公開の映画『月と雷』では、生活に疲れたダメな女・直子を演じ、新境地を開拓した。

 

イメージとは正反対の女を
全身で演じました

凛として美しい。それが、草刈民代という女優の個性です。

8歳でクラシックバレエを始め、20代30代と踊りに打ち込んで、世界中からオファーされるプリマドンナに。芯の通った身体は黄金律そのままに美しい筋肉をまとい、見事な動きを見せました。現役を引退後、女優として活動を始めてもなお、その身体が物語るものはしなやかな強さであり、強靱な美しさです。

 

表情より台詞より、身体で演じる人なのかもしれません。バレエダンサーとしてどんな役を演じるときも、自分自身の身体と向き合って役を作ってきました。今、女優として役の性根をつかみ、その人間になりきるときにも彼女の最大のツールはやはり、その身体なのです。

 

今回も草刈さんは、身体ごと演じました。映画『月と雷』で演じたのは、中年の女・直子。主人公・智(高良健吾)の母親であり、彼と泰子(初音映莉子)が出会うきっかけを作ったキーパーソンです。行きずりで面倒を見てくれる男を見つけては、その男のもとに居ついてしまう、野良猫のような生き方。四六時中酒を飲み、タバコを吸い、行き当たりばったりに生きているだらしない女です。まさに、女優・草刈民代とは正反対のイメージ!

 

「私も、お話をいただいたときには”どうして私に?”と思いました(笑)。監督がおっしゃるには、映画『パリ、テキサス』が大好きで、あの主人公の男性のように、私に、風景を背負ってスクリーンの中を歩いて欲しい、と。きちんとイメージを持ってオファーしてくださっているなら、信頼して作品に参加できると思って、喜んでお受けしました」

 

では直子というダメな女を、どう演じるか。

役作りのために最初に手を加えたのは、髪の毛でした。髪を染めてパーマをかけて、傷んだ髪に。生活に疲れた女の髪です。

 

次に考えたのは、歩き方。

いつものように歩いたら、健康できちんとした人にしか見えません。

 

「たぶん、歩くときに重心の定まっていない人だと思うんです。丹田がない人、みたいな(笑)。歩いてみて、これだ、という歩き方が決まったら、役がつかめたような気がしました。ある意味踊りのアプローチのように、動きでちゃんと見せていこうと」

 

さらには、スッピン。

草刈さん、この作品の中ではファンデーションを塗ったのみ。マスカラすらつけなかったとか。

 

「私がやるんだったら、そこまでやらないと多分、ダメな人に見えないので(笑)。夫(映画監督の周防正行さん)にも相談したんです、『スッピンで出るのもアリかな?』って。すると『それは全然、アリでしょう!』と。『びっくりされないかな』って聞いたら『完成披露のときにキレイにしてればいいじゃない、女優なんだから』って言われました。なるほど、女優ってそういうことか、と(笑)」

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top