PR

本みりんの優しい甘味を生かした「しょうがみりん」で巡りを改善!

プロフィール写真

庄司いずみ

野菜料理家
100%植物性のみのレシピを紹介するブログ

『izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」』で人気をあつめ、ブログを本にした初のレシピ本は7万部をこえるヒットに。

その後、『デトックス・ベジ』シリーズ(主婦の友社)が累計21万部を突破。

主宰する東京・代々木上原の「庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ」では野菜料理やベジタリアン料理のクラスを開催。

『野菜食べ順ダイエット』、『料理がとびきりの味に プレミアム豆乳マジック!』(共に集英社)、好評発売中!

「しょうがみりん」ならしょうがを
おいしく手軽にたっぷりとれる!

 

しょうがには、血液の循環を促して冷えを改善する効果の高い成分が多く含まれると言われています。冷えが気になる冬は特に、積極的にとりたいですよね。

 

そこで、おすすめしたいのが「しょうがみりん」。ヘルシーレシピで大人気の野菜料理家・庄司いずみさんが提案する、しょうがを手軽に、たっぷりとるためのアイデアです。しかも、いろいろな料理に活用できて便利! 素材の味を引き立てるのでいつもの料理がぐっとおいしくなる! といいことづくめ。ぜひ作ってみて!

 

本みりんのコクと旨味から生まれる
優しい甘味を生かして、
万能だれやスイーツに!

 

作り方は、「しょうがに本みりんを加えて煮るだけ…」だから、とっても簡単。冷え症改善に効果的といわれるしょうがの健康成分を、おいしくこまめにとれます。

また、すっきりとした優しい甘味も魅力。お湯で割れば温め効果抜群の飲み物に! いろいろな料理の甘味にも活用できます。

 

「しょうがの健康成分は皮の近くに多く含まれているので皮ごと使ってくださいね」と庄司さん。また、「タカラ『国産米100%』本みりん」を使えば、その特徴であるオリゴ糖をはじめとする9種類以上の糖から生み出される奥深い甘味と、米由来の18種類のアミノ酸で構成される旨味とコクで、しょうがの風味がマイルドになり、いろいろな料理に活用しやすくなるのもうれしいですね。

 

「しょうゆを加えれば、肉を焼いたり魚を煮たり、野菜炒めや焼きそばの味つけにも便利な万能だれに。酢を足せばしょうが風味の甘酢として、野菜や魚介のマリネ液に。控えめな甘さを生かしたスイーツにもおすすめです」

 

まずは、「基本のしょうがみりんの作り方」をご紹介しましょう。

 

<基本のしょうがみりん>

材料(作りやすい分量)
しょうが……100g
本みりん……200ml

 

作り方
①しょうがはよく洗い、皮はむかずに(気になる汚れをこそげ取る程度に)粗みじんにする。
②①を鍋に入れて本みりんを加え(写真a)、中火にかける。

「タカラ『国産米100%』本みりん」の注ぎ口は2種類。たっぷり使いたいときは広口、少量注ぎたいときは細口、と使い分けられます

 

③煮立ったら弱火で5分煮て火を止める。煮つめ加減で甘味を調整する(写真b)

左が5分煮つめたもの。さらりとして優しい甘味。右は7~8分煮つめたもの。甘味もしょうがの香りもしっかり。アルコールが気になる方は充分に加熱し、煮切って下さい

 

庄司いずみさんとっておき ~「しょうがみりん」を使ったレシピは次ページに!

シェア ツイート LINEで送る

『しょうがみりん』がおいしい秘密は、使用する本みりんのおいしさ。「タカラ『国産米100%』本みりん」は、もち米と米麹から生まれた豊富な糖とアミノ酸が深い味わいを醸し出します。たとえば、オリゴ糖を中心にバランスよく含まれる9種類以上の糖が、まろやかな甘味を演出。米由来の18種類以上のアミノ酸で構成される複雑な旨味とコクは、豆の味わいをいっそう滋味深くしてくれます。

原材料は国産米100%にこだわり、本みりん造りの要である麹づくりをはじめ仕込み・熟成・充填に至るまで、すべての製造工程を国内の自社工場で行っています。

また、本みりんは、みりん風調味料とは異なり、効果としては、味のしみ込みをよくし、生臭みを消し、煮崩れを防ぎます。また、コク・うまみを出し、上品でまろやかな甘みをつけるのに適しています。加えて、てり・つやを出し、塩カド・酢カドを取る役割もあります。

「タカラ『国産米100%』本みりん
らくらく調節ボトル入り、500ml/¥395




OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top