「疲れ」「冷え」は自律神経の乱れから!? その対策には太い血管を意識した温活を! 


現代人の深刻な「冷えと疲れ」
タイプ分けすると、一番多かったタイプは…

 

医師・専門家・企業が集い、心と体の健康情報を発信しているウーマンウェルネス研究会。今年6月に、首都圏に在住する1,200人(20〜50代の男女)を対象に「冷えと疲れ」に関する意識調査を行ったところ、深刻な実態があきらかになったのだとか!

首温活1

この調査は、自律神経研究の第一人者である、順天堂大学総合診療研究室・病院管理学研究室教授の小林弘幸先生監修の自律神経自己チェックを基にしています。

 

 

「自分の意思とは関係なく、血流などを調整しているのが自律神経。身体のライフラインであり、自律神経のバランスは冷えや疲れにも大きく関わっているのです」と、小林先生。先生は、数多くのトップアスリートやアーティストのコンディショニング、パフォーマンス向上指導なども行っているそうです。

首温活2

自律神経には、活動しているときに優位になるいわばアクセルの交感神経と、休息のときに優位になるブレーキの副交感神経があることは、皆さんご存知でしょうか。

 

 

今回の調査では、意識ベースの自己チェックにより、自律神経のタイプを4つに分類(上のスライド参照)。Aは、アクセルもブレーキもきいている絶好調タイプ、Bはブレーキがきかないがんばりすぎタイプ、Cはアクセルがきかないねむだるタイプ、Dはアクセルもブレーキもきかないぐったりタイプです。

 

 

「自律神経には気候も関係しますから、理想はAでも、雨の日などはなかなか絶好調とはなりにくい場合も。Bタイプは張り切っちゃう人ですね。周囲まで気が回らず余裕がなくなりがちなタイプとも言えます。Cは、まったりしたタイプ。ともすると、周囲にだるそうな印象を与えているかもしれません。Dタイプになると、日常生活もキツいはずです」

 

 

さて、どのタイプが多かったと思いますか? ちなみに、「自分がどこに当てはまるのか知りたい!」という人は、ウーマンウェルネス研究会公式サイト「ウェルラボ」内にある「疲れ&冷えタイプチェック」で自分のタイプを探ることができますよ。

首温活3

なんと、調査では現代人の6割以上がぐったりタイプという結果だったのです! まさにストレス社会を表している、と小林先生。朝から晩まで緊張感が続くことで、交感神経が優位のままに。すると副交感神経が働かなくなってしまい、疲れはいつまでも取れないまま。結果、アクセルもきかない状態になってしまっていたわけです。しかも、副交感神経は加齢によって、どんどん低下してしまうそうで…。

 

 

「交感神経が優位に働いているときは血管が収縮して血流が悪くなりますから、心筋梗塞などを引き起こしやすくなります。Bタイプはこの傾向にあります。また、副交感神経が働かない人は、ガンになりやすくなってしまいます。」

 

 

 

というのも、私たちの体には1日5000個もガン細胞が作られているそう。これを退治しているのが、ナチュラルキラー細胞。副交感神経がきちんと働かないと、この細胞はどんどん減ってしまうというから、由々しき問題です。

 

 

ちなみに、現在、小林先生の便秘外来の初診は9年待ちなんだとか。

「昔は、若い女性の便秘の患者さんで大腸がんを心配する例はほぼ皆無でした。現代は女性のがん死亡率の1位が大腸がんで、20代でかかる人も珍しくありません。冷えやむくみも、体の不調を訴える1つのシグナルです。それにどう対処していくかが、重要です」

 

 

では、どうしたらいいのでしょう? 日々の暮らしに取り入れられる対策とは? 次のページで、紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top