ディーン・フジオカさんが演じる禁断の一歩とは?(インタビュー/後編)


ドラマ『モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐~』の撮影はすでに中盤。

ディーン・フジオカさん演じる主人公・柴門暖(さいもん・だん)の人生は、第1話、2話を終えた時点で、ジェットコースターのように波瀾万丈。演じ甲斐もあったようだ。

3話以降は、いよいよ満を持した復讐譚が始まる。

いったいどんなディーンさんが見られるのか? 今後の撮影に賭ける意気込みを聞いた。

(「リアルな拷問シーン」について語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/加藤孝 取材・文/岡本麻佑

ディーン・フジオカさん

Profile

ディーン・フジオカ●1980年8月19日、福島県生まれ。2004年に香港でスカウトされ、モデルとして活動を開始。映画『八月の物語』(05)の主演に抜擢され、俳優デビュー。その後台湾に拠点を移し、数々のドラマ、映画などに出演。日本ではNHK連続テレビ小説『あさが来た』(15~16)の五代友厚役で、大ブレイク。2016年には自ら作詞・作曲・プロデュースを手がけたアルバム『Cycle』をリリースし、初の全国ツアー『History In The Making 2018』では2万人を動員した。主演映画『海を駆ける』は5月26日、池井戸潤原作の映画『空飛ぶタイヤ』は6月15日に全国公開予定。6月に2nd Single『Echo』をリリース。

 

この先、禁断の一歩を

踏み出します

 

今週オンエアされた第2話以降、どんなディーンさんが見られるのだろう?

 

「禁断の一歩を踏み出すと思います(笑)。僕自身、新しい脚本を渡されるたびに、びっくりするんですよ。”こんなことして、いいの?”っていうくらい、自分の人生では絶対にやらない、やってはいけないことに直面する。タガが外れて欲望に支配される場面もあるし、タブーやモラルを、いとも簡単に、あっさりとぶち壊していきます。どろどろとした関係の中、自分を裏切った男たちに対して、きっちりとけじめを付けていく。そこには現代日本の社会が持つ闇みたいなものが、しっかりと深くフィーチャーされていて、見応えがあると思います」

 

復讐を果たすために、冷酷で残忍な男になっていくディーンさん。見たことのないディーンさんが、きっとそこにいる。今日だって、うっすらと生やした唇の上の口ひげが、ぞくっとするほどセクシーだ。

 

この先も、物語のラストまで、ハードな撮影が続くはず。体調やメンタルは、どうやってキープしていくのでしょうか?

 

「何も思いつきませんね(笑)。今回、身体のために何かをする余裕もないんです。大好きなフォーも、ずっと食べてないし。今年は花粉症もひどかった」

 

撮影に追われ、かなり大変な状況みたい。とはいえ、ディーンさんは基本的にポジティブな視点をもった人。こんな返事をしてくれた。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top