44年前のクイーンの初来日時、フレディ・マーキュリーは原宿におみやげを買いに行った

44年前の思い出の中のフレディは、1人でいるのが好き、という印象でした。ロジャーやベースのジョン・ディーコンは、通訳の私たち相手にトランプをするのが好きで、よくポーカーなどで時間つぶしをしてました。ブライアンは部屋に顔をだして「誰が勝ってるの?」とか聞いてましたが、フレディはほとんど顔を出したことはなかったです。

 

 

ステージの動きを1人でリハーサルしているフレディに「パフォーマンスの準備ですね」と言ったら、ロジャーが「彼の人生すべてがパフォーマンスなんだよ」とフレディをからかってました。

 

 

ブライアンは今回、「僕たちに取ってエゴは車を走らすガソリンのようなもの。エゴがぶつかり合わなければ進歩もない。ただ僕たちはどこかでお互いに敬意を持って対処する技を備えていたから、今まで続いたんだと思う」と言ってました。彼は髪の毛が白くなっただけで、哲学的な表情も静かな立ち居振る舞いも変わっていません。

 

 

ずば抜けて”プリティフェース”だったロジャーは、顔と正反対にどこか男っぽさを感じる強いエネルギーを発散してました。今は、その男っぽいエネルギーに落ち着きが加わって、冷静で自分を笑える英国的ユーモアたっぷりの素敵な紳士です。いつもスタイリッシュな感じでしたが、今回も目立たずにいいものを着こなしてる感じ。

中島さん_photo

(C)HFPA

 

写真を撮る時に、ふとブライアンの足元を見たら、履き古したスニーカーがロックンロールしてました。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第23回
44年前のクイーンの初来日時、フレディ・マーキュリーは原宿におみやげを買いに行った


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top