肥満児からアスリートへ?! 北川悠仁さんの体調管理法(インタビュー/後編)


5月22日に発売された『まいんち ゆずマン』で、子どもの頃からの夢、漫画家デビューを果たすことができた北川悠仁さん。

もちろん本業のミュージシャンとしても、その活躍は絶好調だ。

ステージで歌ったり、曲を作ったり、マンガのストーリーを考えたり、絵を描いたり。

ただでさえ忙しい彼が、いったいどうやって体調管理しているのだろう?

(コミックス『まいんち ゆずマン』について語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/藤尾明日香(kichi) スタイリスト/三島和也(Tatanca) 取材・文/岡本麻佑

北川悠仁さん

Profile

きたがわ・ゆうじん●1977年1月14日、神奈川県生まれ。1996年、岩沢厚治と「ゆず」を結成。横浜・伊勢佐木町で路上ライブを行うと評判を呼び、1997年1stミニアルバム『ゆずの素』をリリース。98年6月に発表した1stシングル『夏色』で人気に火がつき、7月リリースのアルバム『ゆず一家』で全国区のアーティストに。以降、『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。5月11日名古屋ドームから始まった「ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ~拍手喝祭~」は7月7日福岡ヤフオク!ドームまで計8本を予定している。http://yuzu-official.com/

 

 

肥満児からアスリートへ?!

 

デビュー22年目・42歳の今も、すっきり爽やか、カッコイイ北川悠仁さん。その北川さんが子どもの頃、ぽっちゃり太めの体型だったというのは、知る人ぞ知るゆず伝説。

 

「めっちゃ肥満児でした、はい(笑)」

 

いったいどうやってそのスリムな体型を維持しているんですか?

 

「えっと、30歳のときにランニングを始めて、今も毎日、地方に行ったときも走っています。ふだんは30分から40分、長いと1時間とか2時間とか。フルマラソンもホノルルで何回か走っています。

ヴィジュアルのため、というわけじゃなくて、パフォーマンスのためですね。ライブを観に来てくれた人たちに、以前と変わらないクオリティのものをお見せしたいので。

何かしていかないと、悲しいかな体は変わっていくので、30代ずっと続けて来ました。40歳を超えた今、その効果を実感しています」

 

コンサートの前には、特別なトレーニングを?

 

「しますね、3時間走とか。あと、食事制限もします。カーボローディングといって、コンサート前にはご飯やパン、麺類など炭水化物の摂取を極力減らしておいて、直前にがーっと炭水化物を食べるんです。するとコンサートが始まって1時間半くらい経つ頃、ふつうだったら体力が落ちてキツくなるタイミングで、炭水化物がわーっとエネルギーに変わってくれるから、急にひとりだけ元気になる(笑)。

マラソン選手とかクロスカントリーの選手がよくやっている方法です。30代くらいからトレーナーさんについてもらって始めました」

 

ひょっとして、相棒の岩沢厚治さんも一緒に?

 

「いえいえ、彼はしません! 何もしてないから、前よりも疲れやすいって言ってますよ。でも大丈夫、僕がついてますから(笑)」

 

それにしても、まるでアスリートみたいな体調管理。それって曲を作ったりマンガを描いたり、デスクワークにも効きますか?

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top