OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/181232/

ラグビー都市伝説「ウェブ・エリス」って誰やねん?

前回最後に、「「ウェブ・エリス」って誰やねん?と思っている方もおられることでしょう。次回は、ウィリアム・ウェブ・エリスと、ラグビーの歴史について書きますねー!」と書き散らかしたまま、時間が経ってしまいました。全世界で15人くらいのこの連載を楽しみにしてくださっていた皆さま、遅くなってごめんなさーい!釜石や花園で、日本代表の勝利した試合の余韻に浸りすぎていました、反省。

 

さて、今回はラグビーワールドカップ優勝杯「ウィリアム・ウェブ・エリス」さんについてのお話。先日、某市で講演をしたとき、先立ってご挨拶をされた市長が「ラグビーはその昔、サッカーの試合中にサッカーボールを持って走ったエリス少年が起源で…」と話されたのです。多くの人はこの話を信じているのですが、これ本当は間違いなんですよ。

 

1823年に、イギリスの名門パブリックスクールのラグビー校に、ウィリアム・ウェブ・エリスという生徒が存在していたのは確かです。が、しかし、この当時はまだ、「サッカー」も世界には存在していなかったんですよ。その後、サッカーとラグビーに派生する「フットボール」をラグビー校独自のルールでやっていたというのがまず史実。

 

このエリス少年がボールを持って走った、という説が出てくるのはそれから57年後の1880年に、ある人がラグビー校の校友誌に書いた「エリス、走る」という文章なのですが、この人も目撃したわけではないんですよね。ラグビー校の同窓会も本格的にエリス伝説について「ホンマか?」と調査をしたことがあるんですが、確証は得られなかったみたいです。それでも、都市伝説のようにエリス伝説は定着していくんです。そういう「ストーリー」は、あったほうがロマンがあるからでしょうか、いまではラグビー校の校庭に「あっぱれなルール破り」とエリスさんをたたえた石碑があるんですよ。

 

 

あ、ちなみにエリスさんは、その後、オックスフォード大に進んで聖職の道にはいり、南フランスで病死されているようです。

 

 

エリスさんが、死後に自分の名前が冠された杯(カップ)が世に出てくることは想定外だし、あの世でビックリしていることと思います。いまでは世界で三大スポーツの祭典の一つになったラグビー、(ほかの二つは、オリンピックとサッカーワールドカップ)ですが、ラグビーにはとても素晴らしい哲学があるんですよ。それはまた次回!早く書きます(笑)

 

イラスト/村上テツヤ

今すぐチェック!

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第2回/ラグビーお守りのおかげで、連載が決まったオンナ…

次の記事>

次の記事>
第4回/「情熱がない!」ラグビーの試合で反則をとられたプレイとは?…

この連載の最新記事

あなたをラグビーロスから救いたい!「にわかファン」もとい「つぼみさん」ありがとう! 

第5回/あなたをラグビーロスから救いたい!「にわかファン」もとい「つぼみさん」ありがとう! 

「情熱がない!」ラグビーの試合で反則をとられたプレイとは?

第4回/「情熱がない!」ラグビーの試合で反則をとられたプレイとは?

ラグビー都市伝説「ウェブ・エリス」って誰やねん?

第3回/ラグビー都市伝説「ウェブ・エリス」って誰やねん?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル