サンドラ・ブロック、50歳。言い訳のない生き方

プロフィール写真

映画ジャーナリスト

ロサンゼルスでハリウッド映画のことを書き始めて25年。

ゴールデン・グローブ賞を主催する「ハリウッド外国人記者クラブ」会員で、ゴールデン・グローブ賞への投票権を持つ、3人の日本人のうちのひとり。

サンドラ・ブロックってどんな人?
……自分の中にある彼女のイメージをまとめようとしたとき、強烈なひとつのイメージがぱっと現れるのではなく、いくつかの女性像が幾重にも重なってるのに気がつきました 。

 

 

 

インタビューを受けているときのサンドラは、知的でユーモアがあって、理路整然と話します。明るく、正直で、屈託のない印象は、スターへの第一歩を踏み出した キアヌとの初共演作『スピード』(1994) 以来変わっていません。

 

中島さん_photo

『デンジャラス・ビューティー』(2000年)のインタビューで。2人ともシワゼロですね(笑)(C)HFPA

 

 

隣のお姉さんふうの、親しみやすいルックスと雰囲気を持っているサンドラ。94年に初めて会ったときは、可愛い感じの頭の良い女優さんと思ったくらいでしたが、デビュー27年後の今、テレビ&映画のプロデューサーとしてもキャリアを着実に積み重ねています。

 

 

 

特別見せ場が多い役ではなかった作品、『幸せの隠れ場所 』(2010)。しかし安定した演技で、見事にアカデミー賞を取りました。そして去年のForbes 誌のハリウッド長者番付の女優部門トップ(年収56億円)、男・女優合わせても第3位(1位ロバート・ダウニーJr, 2位ドゥエイン・ジョンソン)に登場したのです。

 

 

 

25年来の友人であるジョージ・クルーニーと共演、世界的に大ヒットした『ゼロ・グラビティ』( 2014) は、全体の3分の2がサンドラの一人舞台という感じの作品です。 宇宙を描く超ハイテクノロジーのスペシャル・エフェクトに囲まれながら、役の内面の微妙な動きを見せる人間ドラマをきちんと織り込み、総興行収入720億円という凄い数字に導きました。 興行収入という数字が最大限のパワーを発揮するハリウッドで、これだけの結果を上げた作品の主演をつとめた サンドラは、女優が主演の映画は興行収入をあげない(だからほとんどのハリウッド映画のストーリーは男が中心です)というジンクスを破り、まさに押しも押されもしない大女優の座を獲得したのです。

 

中島さん_photo

『ゼロ・グラビティ』のインタビューで。大人ならではの艶っぽさと、凛とした雰囲気。(C)HFPA

 

シェア ツイート LINEで送る
第7回
サンドラ・ブロック、50歳。言い訳のない生き方

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top