OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

体に効くサプリメントや食品の最新情報を、シンポジウムでゲット!

学士会館

こんにちは。OurAgeライターのKです。

 

皆さんは、体にいいサプリメントを飲んだり、意識的に体にいい食品を食べたりしていますか? 私は、体にいいものはすぐに取り入れるたちで、何種類もとっていますが、ふと、こんなに飲んで大丈夫かなとか、本当に効いてるのかなと、ちょっと不安に思っていました。
サプリメントの専門家の方々が解説してくれるシンポジウムがあると知り、早速参加してみました。

IMG_0747

IMG_0802

日本サプリメント協会が新たに出した単行本『サプリメント健康事典』の出版記念シンポジウムで、学士会館で行われました。初めて入った学士会館の会場は、超クラシカルな部屋で、とってもいい雰囲気です。お話くださる先生方もご年配の方が多かったので、この会にとってもマッチしていました。

 

司会は、「サプリメント健康事典」の著者、日本サプリメント協会の代表理事で、日頃は、健康記事を書いたり、セミナーや講演活動をされている、ジャーナリストの後藤典子さん。

IMG_0754
日本サプリメント協会は過去に『サプリメント健康バイブル』を出版し、今回の機能性表示改正に伴って、最新の集大成本を出したいとの強い思いから、刊行の運びとなったとのこと。
「機能性表示が改正(※1)されて、体の悩みにきくサプリメント成分はなにか、自分の体の悩みに合った成分を含む食品はなにか、など知っておくと便利な、役立つ情報を網羅した集大成本を作りたかったんです」と後藤典子さん。

 

 

※1 機能性表示食品制度の改正とは
これまで、健康食品は「目に効く」とか「疲れを軽減する」など、具体的な効果効能は言えませんでしたが、今回の機能性表示食品制度改正後は、信頼できる科学的根拠があれば、国の許可を得なくても、企業責任において商品の効果効能をある程度、表現できるようになったのです。

 

 

シンポジウムでお話された方々は、この世界では大変な実力者ばかりだそう。

今回の機能性表示改正を実現させた立役者と言われる森下竜一先生(大阪大学教授)や抗酸化食品研究の第一人者、板倉弘重先生(茨城キリスト教大学名誉教授)、日本抗加齢医学会副理事で順天堂大学教授の堀江重郎先生、在日米国商工会議所サプリメント小委員会委員長の天ヶ瀬晴信氏、健康食品産業協議会会長の関口洋一氏、日本チェーンドラッグストア協会部長の横田 敏氏の6名です。

IMG_0798

はじめに基調講演があり、それぞれのご専門分野の最新情報を教えてくれるところから始まりました。

 

「ノーベル賞を受賞した人にはチョコレート好きが多い」とお話された板倉先生はワインに含まれるポリフェノール研究の第一人者。
また堀江先生のお話では、尿が近く夜中に何度もトイレに行くような人にはノコギリヤシが効果を上げたり、前立腺がんの患者には、リコピンが数値的にいい結果をもたらしたなど、など興味深いお話が聞けました。

IMG_0777

 

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル