PR

がんと向き合う“心”のケアは?

プロフィール写真

いしまるこ

やる気はあるけど根気はない、自称ぐうたらライター(虚弱体質)。
お気楽道に邁進するため体と心の在り方を
模索する中で、医療・健康テーマを多数取材。
OurAgeではハーバード大学医学部 根来秀行教授の連載を担当

こんにちは、ぐうたらライターのいしまるこです。

 

いしまるこの緩和ケア最前線レポート第2弾は、がん医療における心のケアについてです。
前回の「緩和ケアセミナー」でも講師として登場した市立札幌病院精神医療センター副医長の上村恵一ドクターにお話をうかがいました。

 

 

がんの心のケアをする医学
「サイコオンコロジー」って?

 

 

いし 上村先生こんにちは。日本緩和医療学会理事、厚生労働省委託事業委員会委員長、日本サイコオンコロジー学会理事などなど兼任されて、お若いのにとっても偉いんですねぇ。

 

 

緩和ケア_photo

飄々としてどことなくユーモラスな雰囲気の上村ドクター。
物腰がやわらかく、患者さんもリラックスしてお話できそうです

 

 

上村 実力がありすぎて(笑)。というのは冗談で、精神科医で緩和ケアに取り組んでいる医者がまだまだ少ない現状ので、なんだか成り行きでいろいろやってます。

 

 

いし 上村先生はどうして緩和ケアにかかわることになったんですか?

 

 

上村 2007年に、がん診療連携拠点病院で緩和ケアを行う体制がわーっと進んだときに、指導者研修会に参加したのがきっかけです。当時、市立札幌病院では精神科医が僕一人だけで、たまたま研修に参加することになったわけですが、知れば知るほど、がん医療という分野には精神科医が必要だなという思いを強くしました。

 

 

いし がん医療における心の問題って、軽視されてきた感が否めませんものね。

 

 

上村 がん医療における〝心〟を専門とする活動を〝サイコオンコロジー〟と言いますが、これは〝心〟の研究をおこなう精神医学・サイコロジー(心理学)
と、〝がん〟の研究をするオンコロジー(腫瘍学)
を組み合わせた造語です。
精神腫瘍学と訳され、1980年代に確立した新しい学問なんです。
日本では1986年に日本サイコオンコロジー学会が結成され、緩和医療と連携して心のケアの必要性の普及や、サイコオンコロジーを実践する専門家〝サイコオンコロジスト〟の育成にあたっています。

 

 

いし サイコオンコロジスト! 具体的にはどんなことをするんですか?

 

 

上村 サイコンオンコロジストは病気や治療に関する適切な情報を提供し、患者さんが孤立しないように情緒面でも支え、不眠や不安、気分の落ち込みといった精神症状に、最善の治療が受けられるよう医学的なサポートにあたります。

 

 

いし ふむふむ。サイコオンコロジストは医師に限らない?

 

 

上村 サイコオンコロジストというと医師を指しますが、サイコオンコロジーに関わる医療者は医師や看護師、カウンセラーなどさまざまです。とくに、精神医療の専門家である精神科医や心療内科医で、サイコオンコロジーを実践している専門医のことを〝精神腫瘍医〟と呼びます。がん患者とその家族の精神的な苦痛の軽減、療養生活の質の向上を目指して、薬物療法だけでなく、がんに関連する苦悩などに耳を傾け、専門的知識、技能、態度を駆使して、誠意をもった診療に積極的にあたるドクターです。

 

 

いし おおっ、頼もしいです!

シェア ツイート LINEで送る

1月10日(日)に、「知って身近に。もっと近くに、緩和ケア。」緩和ケア普及啓発キャンペーンの一環として、名古屋・ナディアパークで「街頭イベント」が行われました。取材に行ってきたふみっちーがご報告いたします。

 

レクチャーでは下山 理史ドクターの「緩和ケアってなに?」、細川 豊史ドクターの「痛みの治療ってどんなもの?」、明智龍男ドクターの「がんの不安や心配はどうすればいいの?」といった治療に関するお話から、医療ソーシャルワーカー粕田剛資さんの「お金や仕事の心配はどうればいいの?」、看護師 向井 未年子さんの「いろんな生活の心配はどうすればいいの?」といった、より具体的な悩みについてまで、さまざまな角度からの「緩和ケア」についてのお話がありました。登壇した先生たちの、わかりやすく、ユーモアにあふれた解説に、うなづく人が続出。質疑応答ではいろいろな質問が飛び出していました。

 

レクチャーの合間には、キャンペーン・メッセンジャーでお笑いジャーナリストの、たかまつななさんのミニライブで盛り上がり!満席の観客が大いに湧きました。

最後には、がん治療の中で、また、家族や友人としてがん治療を見守る中で、医療スタッフの一言に「力づけられた」「勇気づけられた」と感じた“あなたが「力づけられた」一言”の発表が。思わずウルっとしてしまったのは、きっとふみっちーだけではないはず。がんと向き合う人々と、サポートする人々の勇気に、グッときた観客は多かったようです。

 

2月11日(木)には東京・イイノホールで「市民公開講座」が行われます。関東在住の方は、ぜひご参加くださいね。

 

<市民公開講座>がんの痛みつらさの解決方法はあります〜もっと身近に緩和ケア〜」

 

●日時 2016年2月11日(木・祝) 13:30〜17:00 受付開始 12:30
●会場 イイノホール 〔最寄り駅〕 霞ケ関駅直結
●参加費 無料(定員400名・先着順)
●申し込み方法 参加ご希望の方は、WEBサイトの申込みフォームからお申込み下さい。
詳細・申込みフォーム http://www.mottomijikani.com/kouza.html
●プログラム
講演:痛みの解決方法/心配・不安の解決方法/生活に関する不安の解決方法/お金・仕事に関する不安の解消方法
パネルディスカッション:テーマ「緩和ケア・医療用麻薬の疑問についてお答えします」
特別出演:たかまつなな(お笑いジャーナリスト)
鈴木美穂(日本テレビ記者・マギーズ東京共同代表理事)




OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top