重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

「ツボ×アロマで更年期世代の元気セミナー」が開催されました!

プロフィール写真

OurAgeグッドエイジングセミナー担当。講師探し、企画立て、会場探しとセミナーに関することは、何から何までやっています。会場にも、いつもいます!

みなさん、こんにちは!

 

今日は先日開催された「ツボ×アロマで更年期世代の元気セミナー」の様子をリポートします。

 

会場はグッドエイジングセミナーでは、すっかりおなじみとなった「玉川テラス」。

160521ourage_tgs_3697

鮮やかな緑が美しい庭園が望める素敵なお部屋で、今日もセミナーが開催です!

 

 

講師は深町公美子さん

160521ourage_tgs_3731

OurAgeの連載「体と心にきく毎日のツボ」が大人気の先生です。

 

東洋の医学療法であるツボに西洋の医学療法であるアロマを組み合わせるという今回の内容は、鍼灸師&エステティシャンである深町さんならではです。

 

 

使うアロマオイルは深町さんのサロンA-ha治療室オリジナル。

本日はおひとり2本(ローズマリーとグレープシード)をご用意。

セミナー終了後は、そのままお土産としてお持ち帰りいただけるのですよ!

とくにローズマリーは更年期世代にイチオシのアロマだそうです。

セミナーで使用するのは、ローズマリー。

「グレープシードオイルは自宅でマサッージをする際に、ぜひ使ってみてください」と深町さん。

 

開始前にギリコが参加者のみなさんに、カラダのお悩みを伺ってみると

・冷え性

・肩こり

・腰痛

…とみなさんそれぞれ。

(でも大丈夫! 少人数制セミナーなので、一通りレクチャーが終わった後は、お一人お一人のお悩みに即した対策を教わることができるのです)

 

さぁ、セミナーが始まりましたよ~。

まずは、全身を巡るたくさんの経絡を図表を見ながら学びます。

 

 

例えば、

1肺経  前方胸から腕の内側を流れて親指爪の下、手のひら側へ流れ大腸経へ

2大腸経 人差指爪の下、手の甲親指より側から腕の後ろ外側を巡り肩から首を通って小鼻の横まで流れ胃経へ繋がる

3胃経  目の中央の下から口横を通り首を降りて胸、あばらを降り恥骨のところで横にいきそこから脚を降りて足の人差指の中指側へ流れ脾経へ

などなど…

 

 

なんと計14個も経絡があるそうです。

160521ourage_tgs_3757

そのあとは自分の更年期症状のタイプを判断するチェックシートに答えます。

160521ourage_tgs_3703

足が冷えているかどうか、イライラしやすいかなど簡単な質問に答えていくと、先ほど習った経絡のどれが気の流れというかパワーが低下しているかがわかるのです。

 

自分のウィークポイントがわかったら、いよいよ実技です。

用意されていたローズマリーオイルを使用し、実際に経絡に沿って流していきます。

160521ourage_tgs_3775

まずは、先生の号令に合わせてみなで更年期世代によく見られる〝気の流れが弱くなりがりな経絡〟をマッサージ。

会場に広がる素敵なアロマの香り…思わずうっとりしてしまいます。

 

最後は参加者お一人お一人のお悩みに合わせて、どのツボを押すとよいのかを直接伝授。

160521ourage_tgs_3789

 

160521ourage_tgs_3863

顔色がすっかりよくなった方もいらして、ツボ押しの効果を実感したギリコです。

 

 

OurAgeでは今後も楽しくためになるセミナーをたくさん企画していきます、会場にはいつもギリコもいます。ぜひ一度遊びにきてくださいね!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第35回
「ツボ×アロマで更年期世代の元気セミナー」が開催されました!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top