なかよしカラオケで呼吸機能をUP!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

プロフィール写真

1967年生まれ。最新刊『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)が好評発売中!ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

前回、根来秀行教授に教えていただいた「口すぼめ腹式呼吸」で、肺の中がすっかりクリーンになった、ぐうたらライターいしまるこです。
さて、ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「肺年齢を若返らせる!」は、今回も肺を若返らせる簡単で有効なメソッドを伺いますよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。では早速ですが問題です。
発声のために吐く息の強さをコントロールするのは、どこの筋肉でしょう?

 

 

いし それは主に腹筋じゃないですか?
音楽の先生が、「腹から声を出しなさい!」ってよく言ってましたよ。

 

 

根来 はい、その通りですね。その呼吸法は、まさに腹式呼吸です。
お腹の底から声を出すと自然に深い呼吸になり、呼吸器を鍛えられて、肺活量が増すんです。

 

 

いし ふむふむ。

 

 

根来 また、声を出すときと、ものを飲み込む(嚥下)ときは、ほぼ同じ筋肉を使うので、しっかり発声することで、嚥下機能の鍵を握るのどの筋肉も鍛えられます。

 

 

いし なるほど。とはいえ、普段の生活で大きな声を出す機会はなかなかありませんね。

 

 

根来 そこでおすすめなのが、気兼ねなく大きな声が出せるカラオケです。

 

 

いし そういえば、久しく行ってないなあ。

 

 

根来 カラオケに行ったら、のどに手を当てて歌ってみてください。
のど仏が盛んに上下するのに気づくはず。のど仏を上下させるこの筋肉〝喉頭挙上筋群(こうとうきょじょうきんぐん)〟こそが、飲み込むときに使われる筋肉なんです。

 

 

いし ルールル♪ ルルル ルールル♪ ルルル♪
ルールー ルールー ルールル〜♪ あ、ほんとだ!

 

Dr.negoro_Ill

根来 徹子の部屋のテーマソングですね!

 

 

いし ピンポーン。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第89回
なかよしカラオケで呼吸機能をUP!/Dr.根来の体内向上プロジェクト


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top