OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

なかよしカラオケで呼吸機能をUP!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年、東京都生まれ。『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業「毛細血管」は増やすが勝ち!』(集英社)は版を重ね、台湾、韓国でも翻訳され好評発売中! ハーバード大学医学部Lecturer on Medicine、ソルボンヌ大学医学部客員教授、奈良県立医科大学医学部客員教授、杏林大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、最先端の臨床・研究・医学教育の分野で国際的に活躍中。

記事一覧を見る

いし こんにちは。ぐうたらライターのいしまるこです。

前回、根来秀行教授に教えていただいた「口すぼめ腹式呼吸」で、肺の中がすっかりクリーンになった、ぐうたらライターいしまるこです。
さて、ハーバード大学医学部根来秀行教授のweb講座「肺年齢を若返らせる!」は、今回も肺を若返らせる簡単で有効なメソッドを伺いますよ。

 

 

根来 こんにちは。根来秀行です。では早速ですが問題です。
発声のために吐く息の強さをコントロールするのは、どこの筋肉でしょう?

 

 

いし それは主に腹筋じゃないですか?
音楽の先生が、「腹から声を出しなさい!」ってよく言ってましたよ。

 

 

根来 はい、その通りですね。その呼吸法は、まさに腹式呼吸です。
お腹の底から声を出すと自然に深い呼吸になり、呼吸器を鍛えられて、肺活量が増すんです。

 

 

いし ふむふむ。

 

 

根来 また、声を出すときと、ものを飲み込む(嚥下)ときは、ほぼ同じ筋肉を使うので、しっかり発声することで、嚥下機能の鍵を握るのどの筋肉も鍛えられます。

 

 

いし なるほど。とはいえ、普段の生活で大きな声を出す機会はなかなかありませんね。

 

 

根来 そこでおすすめなのが、気兼ねなく大きな声が出せるカラオケです。

 

 

いし そういえば、久しく行ってないなあ。

 

 

根来 カラオケに行ったら、のどに手を当てて歌ってみてください。
のど仏が盛んに上下するのに気づくはず。のど仏を上下させるこの筋肉〝喉頭挙上筋群(こうとうきょじょうきんぐん)〟こそが、飲み込むときに使われる筋肉なんです。

 

 

いし ルールル♪ ルルル ルールル♪ ルルル♪
ルールー ルールー ルールル〜♪ あ、ほんとだ!

 

Dr.negoro_Ill

根来 徹子の部屋のテーマソングですね!

 

 

いし ピンポーン。

 

<前の記事

<前の記事
第88回/肺のよどんだ空気を吐き出す呼吸法/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第90回/胸郭をほぐして呼吸筋ストレッチ!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル