素敵女医の乾燥対策⑨/女性ホルモンの低下と乾燥との関係は!?


前回より、歯科医、眼科医、婦人科医の乾き対策についてお話を伺ってきました。ドライアイ対策に続いて今回は、膣乾燥について聞いていきます。

 

 

(右から順に)

日比野佐和子さん Sawako Hibino

48歳 内科・皮膚科・眼科
医療法人康梓会 Y’sサイエンスクリニック
「プラセンタはビタミンCと併用すると、さらに効果が高まります」

 

宝田恭子さん Kyoko Takarada

62歳 歯科 宝田歯科医院
「乾燥予防には睡眠も大切。肌に潤いを与える成長ホルモンが活発化する、22時~2時の熟睡を習慣に」

 

大原麻美さん Mami Ohara

45歳 産婦人科 大原医院
「日焼け対策、水分補給、熱い湯につからない、冬場でも水での手洗いなどを心がけ、乾燥を防いでいます」

 

 

 

 

女性ホルモンの低下が
萎縮性腟炎の原因に

 

日比野 私は母の代からのアトピー体質です。乾燥するうえ、自分の汗でもかゆくなって全身かき傷だらけでしたが、28歳でプラセンタに出会い、症状が劇的に改善しました。現在は週1回、2アンプルを注射するほか点滴もよくやります。また最近、再生医療の最先端治療法である幹細胞上清液点滴と脂肪幹細胞注入も始めました。プラセンタとの相乗効果か、女性ホルモンが20代前半の数値まで回復。乾燥もなくなりました。

 

大原 アワエイジ世代の乾燥は、女性ホルモンの分泌量の低下が関係しているケースが多いです。例えば萎縮性腟炎は、腟の潤いがなくなって乾燥・萎縮したところに雑菌が繁殖して起こりますが、80代になってもこの症状に悩まされる人もいます。

 

宝田 治療法としては、ホルモン補充療法になるのでしょうか?

 

大原 年齢や症状に応じたホルモン補充療法が有効です。局所症状のみの場合は、副作用も考慮して腟座薬が優先されます。また自浄作用の低下により細菌性腟炎を生じやすいので、その治療もしっかりと。腟の乾燥による性交時の不快感には、専用ゼリーなどの潤滑剤を使うのもいいですね。おりものシートの長時間使用は雑菌の繁殖を招くので要注意です。また、素材も大事で、化学繊維をやめて綿の下着にするだけで腟のトラブルが解消することもあります。

 

宝田 時々、患者さんから「抗生物質を使うとカンジダ腟炎になってしまう」と言われることがあります。

 

大原 腟の常在菌まで殺してしまうため、菌のバランスがくずれ免疫力が落ちてしまうんですね。私も診察時には「最近、風邪などで抗生物質を飲みましたか?」と必ず聞きます。妊婦さんや高齢者、糖尿病の人もカンジダ腟炎になりやすいです。あとは洗いすぎもよくないので、石鹼を使ってゴシゴシこすらず、ぬるま湯ですすぐくらいにしておきましょう。ただし、生理中は血液が中に残らないようにきちんと洗ってください。

 

 

次ページで、大原麻美さん愛用の乾燥対策アイテムをご紹介します。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top