OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

成長ホルモンを促す「適度3カ条」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行教授

根来秀行教授

1967年生まれ。ハーバード大学医学部内科客員教授、パリ大学医学部客員教授、事業構想大学院大学理事・教授。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界を股に掛け活躍する気鋭の医学博士。

 

根来 Second, 適度なストレス。
心地よい疲れを感じる程度の軽いストレスは、その状況を「適度に修復しよう」と成長ホルモンの分泌が促されるのです。
仕事や趣味で何らかの目標を設定して熱中したり、OnとOffを切り替えて、生活にメリハリをつけるといいですね。

 

 

いし だらだら仕事したり、だらだら休んだりしてちゃダメってことですね。
ところで、根来先生はどんなことをして気分転換をするんですか?

 

 

根来 僕は音楽を聴いたり、ピアノで作曲をしたりするのも楽しいですね。

 

 

いし 作曲ですか! どこまでもカッコいいなあ。

 

 

根来 Finally, 適度な運動。

適度な運動で筋肉を使って適度に細胞を傷つけると、成長ホルモンが促進されるのです。

 

 

いし 激しい運動は逆効果なんですよね。

 

 

根来 活性酸素が出てきますからね。以前にもお伝えしていますが、
ウォーキングや水泳などの有酸素運動と筋トレのような無酸素運動を組み合わせるのがおすすめです。

Dr.negoro_1501a

いし 筋トレをしてからウォーキングすると脂肪が燃焼しやすいんですよね。

(アンチエイジングホルモン講座第25回参照)

 

 

根来 Exactly。成長ホルモンを増やす「適度3カ条」を実践して
残りの夏を元気にお過ごしください。

 

 

いし 〝てきとー〟じゃないよ、〝てきど〟ですよー。

 

 

 

 

 根来 それでは皆さん、今日も素敵な1日を!

Dr.negoro

 

 

取材・文/石丸久美子 撮影/角守裕二 イラスト/浅生ハルミン

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第11回/ホルモンは脳に支配されている!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

次の記事>

次の記事>
第13回/快楽ホルモンの増やし方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト…

この連載の最新記事

睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第95回/睡眠&覚醒中枢を調整する眠り方教えます!/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第94回/脳のゴミ出し機能をフル稼働させる眠り方は?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル