HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/doctor_blog/93513/

その痛みは嚙み締めが原因かも!/後編

井出 徹

井出 徹

1955年生まれ。歯科医。井出デンタルクリニック院長。削らない歯科医として、口コミで有名に。30年以上研究した独自の治療法で、普通の歯科医で解決できない、謎の歯痛に悩む歯科難民の力強い味方に。近著に『ちょっと待って! その歯の痛み、8割は削らなくても治ります!』(すばる舎)など

 

井出デンタルクリニック
東京都中央区銀座2-7-6新銀二ビル2F
☎03-3538-5115
http://ide-dental.info/
http://ide-dental.jp/

歯の痛みに耐えられずに無駄な治療をしていませんか? 実は今、虫歯や歯周病ではない、噛み締めによる歯のトラブルが増えているそう。ストレスや姿勢の悪さが関係しているのだとか。今回は噛み締めによる体への影響をご紹介します。

デンタルIQ 噛み締め

 

虫歯や歯周病ではない
歯のトラブルが増えている

 

「35年ほど前から、不思議な患者さんが増えはじめました。虫歯や歯周病でもないのに嚙むと激痛がする。あごを動かすとカクカク音がする。何度治療しても、詰め物がしばらくすると割れたり、取れたりすると訴えるのです」(井出徹先生)

 

当時の日本の歯科治療の範疇では、対応できない症状。それが納得できずに、独自の研究を続けた井出先生。そこで出合ったのが、アメリカで発表されたTМD(側頭下顎部(かがくぶ)障害)という症状です。

 

TМDとは顎関節症とも呼ばれ、口を開けると顎関節に痛みや違和感があり、口を大きく開けられない、朝起きるとあごがこわばる、歯や頭の痛み、首や肩のコリなどの諸症状が現れます。

 

「こうした国内外の本や論文、実際の診療の現場から私が行きついたのが、謎の痛みや症状の背景に、“嚙み締め”が関係しているということ。あごの関節や姿勢の悪さに原因があると結論を出しました」

 

私たちは、なにか難しい問題やストレスに直面すると、歯をぐっと嚙み締めます。このとき、歯には約200㎏もの負荷がかかります。通常はそうした緊急事態が終われば、歯は元の状態に戻ります。

 

「元の状態とは、上下の歯同士が数㎜離れ、舌が上あごについている、本来の自然な状態のこと。しかし、最近はそれが維持できない、つまり、つねに嚙み締めている人が増えているのです」

 

歯は体の中で最も硬い器官ですが、嚙み締めは同じ硬さの上下の歯を押しつけるので、歯の接触面がしだいに削れて、摩耗します。内部の象牙質はあまり硬くないため、歯の根元にヒビが入ったり、割れて、そこに菌が繁殖して炎症を起こし、痛みに。結果、抜歯するしかなくなることもあります。

 

 

 

次のページでは、噛み締めの具体的な治療法についてご紹介。

顎関節から肩、膝まで
調整する必要あり

 

上下の歯は、食事で咀嚼(そしゃく)するとき以外は接触していないのが普通です。では、一日のうちどのくらいの時間、接触しているのか? 調べたところ、一般的には、最大たったの20分程度でした。

 

「それ以上に嚙み締めてしまう要因には、ストレスなどによる精神面と、悪い姿勢などの体の歪みが関係しています」

 

そこで、井出先生のところでは、体がどう歪んでいるのか、口腔内外の状態を総合的に把握して治療に入ります。

 

「歪みが軽い場合には、普段から自分で歯を接触させないように意識する方法(ティース・アパート法)と、家で全身の歪みを補整・予防する体操を実践してもらいます。ほかにはマウスピースの着用を指導することも。歪みがひどい場合には、提携している理学療法士や整形外科医で治療を行ってもらいます」

 

歪んだ土台に家を建てないように、まずは歯が生えている土台を整えること!咬合(こうごう)調整として、安易に歯を削る前に、嚙み締めという原因を考えてみる必要がありそうです。

 

 

 

 

次回からは「未来型の北欧ケアに注目です!」をご紹介します。お楽しみに!

 

 

 

 

撮影/中川十内 イラスト/内藤しなこ オブジェ/カイフチエリ

構成・原文/山村浩子

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第12回/その痛みは嚙み締めが原因かも!/前編…

次の記事>

次の記事>
第14回/最新の歯科ケアは北欧に注目!①治療…

この連載の最新記事

まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /後編

第24回/まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /後編

〈歯〉まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /前篇

第23回/〈歯〉まだまだ知らないことだらけ? これだけは知っておきたいQ&A /前篇

進化形の義歯ならナチュラルでしっかり噛める/後編

第22回/進化形の義歯ならナチュラルでしっかり噛める/後編

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル