OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/food/food-knowledge/255077/

ヨーロッパの夏時間を自宅で―真夏のテーブル―

竹村和花

竹村和花

ミネラル水鑑定士協会(イタリア)公認水ソムリエ&水鑑定士(n.2689
2004年より 社)日本温泉協会にて6年間温泉コラムを連載。取材活動を通して日本の温泉が抱える源泉問題を知る。
2008年EUの地下水源の実情と法環境を取材調査するため現地に活動拠点を移す。
2019年フィレンツェ大学法学部で就学後、一時帰国中にミラノがロックダウン。
現在は日本からイタリアの生活で培った情報を発信中。
【所属】 社)日本旅行作家協会・正会員、温泉学会・理事

 

 

記事一覧を見る

ボンジョルノ!こんにちは、水ソムリエ&水鑑定士の竹村和花です。

オリンピックに台風、そして感染拡大とニュースが続きますがお変わりありませんか。

4度目の緊急事態宣言が発令され不安な要素の多い夏。

残念ながら、まだまだ旅に出るにも、イタリアに帰るにも、時間がかかりそう。
今日はヨーロッパの夏時間をテーマに、自宅で夏を楽しむヒントをご紹介していきたいと思います。

 

<イタリアの華やかな夏のカクテル―ベリーニ―>

アルコールには弱いせいで、イタリアに居てもドイツに出ても、ワインやビールを楽しむことがほとんどなかった私ですが、特別のお気に入りがあります。

白桃と赤ワインのスパークリングを使った“ベリーニ”。

この、ヴェネト州発祥のカクテルは、ルネッサンス初期の画家ベリーニが1948年にベネチアで開催した展覧会を記念し、ハーリーズバーのオーナーによって考案された歴史深いレシピです。

 

この夏、新しい日本の棲み家にお越し頂いたお客様や友人へのウェルカム・ドリンクとしてお出ししていますが、とても好評です。

アルコールの苦手な方には、ブドウジュース(炭酸入り)をワインの代わりにして楽しんで頂ければと思います。

 

【レシピ】・・・・・1人分

・赤またはロゼのスパークリング・ワイン  ・・・・・180ml

・ピーチネクター(桃のピューレがベスト)・・・・・90ml

・グレナデンシロップ(あれば)    ・・・・・8ml

・ハーブやチェリーなど(仕上げのデコレーションに)

<作り方>

  1. ワインもネクターも、よく冷やしておきます。
  2. ネクターとシロップをグラスに入れ、軽くかき混ぜます。
  3. 最後に静かにワインを注ぎ、軽くまぜてハーブやチェリーを飾ります

 

<スペインの夏はフルーツたっぷり―サングリア―> 

もう1つのおすすめは、スペイン生まれのサングリア。

フルーティーで食べごたえも満点。ドリンクというより、デザートとして楽しめる大人味のカクテル・フードです。

 

ここ数年、日本でも市販のサングリアがたくさん出てきていますので、好みのフルーツを入れるだけで、手軽に楽しむことができます。
市販品の良いところは、フルーツや香辛料の風味がベースにプラスされているため、材料を1つずつ揃える必要がないこと。また、手作りのものに比べ日持ちすることから安心です。


我が家では、未成年の姪っ子が訪ねてくる夏休みに、アルコールを炭酸ソーダに変えて準備する定番のおやつになっています。

透明なサイダーで割って作ると、見た目も涼しげなノンアル・サングリアが出来上がります。

 

【レシピ】

・市販のサングリア(500~1000ml)  ・・・・・ 1本

・フルーツ(お好みのものを3-4種) ・・・・・ ガラスボウルの1/2ほど

・ミント、レモンパームなど ・・・・・ デコレーション用に少々

 

<涼しげなフランスの白スープ―ヴィシソワーズ―> 

フランス・ヴィシー出身のシェフ、ルイ・ディアが考案したスープ。

幼いころ母親に作ってもらったジャカイモとポロネギのスープをベースに、ヴィシソワーズのレシピを作り、リッツ・カールトン(ニューヨーク)のガーデンレストランのオープン・メニューとしてお披露目されました。

食欲のなくなる夏、ミネラルも食物繊維もたっぷりで飲みやすいヴィシソワーズ。自宅で手作りするのがおっくうな時は、市販のヴィシソワーズに少しミルクを加えてデコレーションするだけで映えるスープが出来上がります。

 

【レシピ】2人分

・ジャガイモ  ・・・・・2個

・玉ねぎ    ・・・・・1/2玉

・バター(有塩)・・・・・20g

・牛乳     ・・・・・400cc

・水      ・・・・・200cc

・コンソメ   ・・・・・小さじ1

・塩、こしょう ・・・・・少々

・バジル、オリーブオイルなど

<作り方>

  1. 鍋にバターを入れてジャガイモ、玉ねぎを加えて炒める。
  2. 玉ねぎがしんなりするまで中火で炒めたら水、コンソメを入れる。
  3. ジャガイモが柔らかくなったら、粗熱をとり人肌まで冷ましてミキサーする
  4. 牛乳を加えて更にミキサーし、冷蔵庫で冷やす。
  5. スープ皿に注いで、オリーブオイルやバジル、黒胡椒などで飾る

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第86回/雨の日はラテン人のように―キッチンに音楽を―…

次の記事>

次の記事>
第88回/涼やかな窓辺を作る―ミニマムなリフォーム―…

この連載の最新記事

水源池と森のSDGs―地下水源の未来―

第89回/水源池と森のSDGs―地下水源の未来―

涼やかな窓辺を作る―ミニマムなリフォーム―

第88回/涼やかな窓辺を作る―ミニマムなリフォーム―

ヨーロッパの夏時間を自宅で―真夏のテーブル―

第87回/ヨーロッパの夏時間を自宅で―真夏のテーブル―

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル