OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

認知症リスクは40代からの食生活が決め手/認知症を防ぐ食べ方ルール①

今野裕之さん

今野裕之さん

Hiroyuki Konno

ブレインケアクリニック名誉院長。一般社団法人日本ブレインケア・認知症予防研究所所長。精神科医として働くかたわら、抗加齢医学(老化予防)や栄養療法を学ぶ。アメリカで注目の、アルツハイマー病の画期的治療プログラム「リコード法」の日本初の認定医

食生活を見直して、認知症発症リスクを下げる

 

日本では65歳以上の約4人に1人が、認知症およびその予備軍(軽度認知障害)といわれています※。
しかも、その8割が女性。決して他人事ではない問題です。
認知症は発症の20年くらい前からの生活習慣、特に食生活が大きく影響しているのだとか。
40歳を過ぎたら食事を見直して、若々しい脳を保ちましょう!

※2015年、厚生労働省と関係府省庁が共同策定した『認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)』より、2012年時点での統計。

 

あなたの食生活は大丈夫?
40歳を過ぎたら改めたい!
認知症リスクの高い食生活

認知症の根本的治療は難しいといわれています。だからこそ、発症する前に予防することが大切。
まずは認知症の原因や、こうした原因を作ってしまうのはどんな食生活なのか、正しく知っておきましょう。

 

 

認知症は脳の生活習慣病。
食生活が大きくかかわる

認知症とは「病名」ではなく、認識・記憶・判断に関する力が衰えて日常生活や社会生活が困難になった「状態」のことを言います。なぜ、このような状態が起きるのでしょうか?

認知症の原因となる病気にはいろいろなものがありますが、その多くは脳に老廃物が蓄積したり、脳の血管に障害が起きたりすることで、神経細胞がダメージを受けることで起こります。

独自の認知症治療プログラムを開発し、日々診察を行う、ブレインケアクリニック名誉院長の今野裕之先生は、

「こうしたダメージに大きくかかわっているのが40歳頃からの生活習慣、特に食生活です。認知症の前段階(軽度認知症)なら、食事習慣の見直しや栄養補充によって、改善する人もいるくらい、脳の機能と食事には密接なつながりがあります」

と言います。

<前の記事

<前の記事
第1回/神経伝達物質に欠かせない栄養素、ミネラル類やタンパく質のおすすめ食材は?/認知症を防ぐ食べ方ルール⑥…

次の記事>

次の記事>
第3回/食生活チェックリストであなたの認知症リスクを点検!/認知症を防ぐ食べ方ルール②…

この連載の最新記事

抗酸化で細胞を守る、脳活栄養素ポリフェノールやビタミンC、D、Eを含む食品は?/認知症を防ぐ食べ方ルール⑤

第6回/抗酸化で細胞を守る、脳活栄養素ポリフェノールやビタミンC、D、Eを含む食品は?/認知症を防ぐ食べ方ルール⑤

脳を元気にする脳活食材「ビタミンB群」とは?レバーや青魚、ブロッコリーほか/認知症を防ぐ食べ方ルール④

第5回/脳を元気にする脳活食材「ビタミンB群」とは?レバーや青魚、ブロッコリーほか/認知症を防ぐ食べ方ルール④

脳神経へのダメージを減らす食生活とは?/認知症を防ぐ食べ方ルール③

第4回/脳神経へのダメージを減らす食生活とは?/認知症を防ぐ食べ方ルール③

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル