HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/food/forties-recipes/269639/

クレソンにはイライラを抑える効果も「メカジキとクレソンのみぞれ鍋」レシピ

淡白な味わいのメカジキと、すがすがしい風味のクレソン。おろした大根でさっぱりとしたみぞれ鍋に。

 

<イライラ>

爽やかな味わいに気分も上がる!
メカジキとクレソンのみぞれ鍋

メカジキとクレソンのみぞれ鍋

●材料(2人分)

  • メカジキ(大)……2切れ
  • クレソン……100g
  • 大根……300g(15㎝程度)

 

<A>

  • かつおだし……600㎖
  • 塩……小さじ1/2
  • しょうゆ……大さじ1
  • 酒……大さじ2

 

  • ゆず皮……適量

 

●作り方

  • 1.メカジキ、クレソンはそれぞれ食べやすい大きさに切る。大根はおろしてザルに上げ、水気をきる。
  • 2.鍋にAを入れて火にかけ、メカジキ、クレソンの順に加えて煮る。メカジキに火が通ったら大根おろしを加えて温める。大根おろしの水分次第で、塩、しょうゆを加減する。最後にゆず皮を散らす。

 

この食材が効く!

メカジキは気を巡らせる効果、クレソンはカーッとなった気持ちを鎮める効果があり、イライラを抑えるのに効果的。ゆずの皮も気を巡らせるので、皮を加えるのがポイント。

 

 

レシピを教えていただいたのは・・・

ちづかみゆきさん 料理家

ちづかみゆきさん
Miyuki Chizuka

料理家。国際中医薬膳師。薬膳料理教室「meixue(メイシュエ)」主宰。国立北京中医薬大学日本校にて薬膳を学ぶ。著書に『巣ごもりごはん便利帳 週2回の買い物でできる不調ケアレシピ』(翔泳社)など

 

 

体に効く!健美スープ&鍋でご紹介したレシピは、下のリンクから読むことができます。

 

 

 

撮影/神林 環 スタイリスト/洲脇佑美 取材・原文/和田美穂 撮影協力/UTUWA

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第8回/鯛、あおさ、白菜の利尿効果でむくみ対策「鯛とあおさと白菜の和風鍋」レシピ…

次の記事>

次の記事>
第10回/気を巡らせる食材でイライラ解消「鮭とパプリカとセロリのクミン味噌鍋」レシピ…

この連載の最新記事

「鶏もも肉と長いも、ほうれん草のくるみ酒粕豆乳鍋」レシピ。髪のパサつき改善にも効果的!

第12回/「鶏もも肉と長いも、ほうれん草のくるみ酒粕豆乳鍋」レシピ。髪のパサつき改善にも効果的!

肌の乾燥にも効く鍋!お肌しっとり「豚肉だんごとほうれん草のポルチーニ鍋」レシピ

第11回/肌の乾燥にも効く鍋!お肌しっとり「豚肉だんごとほうれん草のポルチーニ鍋」レシピ

気を巡らせる食材でイライラ解消「鮭とパプリカとセロリのクミン味噌鍋」レシピ

第10回/気を巡らせる食材でイライラ解消「鮭とパプリカとセロリのクミン味噌鍋」レシピ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル