OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/154484/

河口湖畔の高級リゾート「ふふ」の「森」をテーマにした料理に注目

大滝美恵子

大滝美恵子

フードライター&エディター、ラジオコメンテーター。横浜生まれ。「Hanako」からスタートし、店取材を続けること20年。料理の基礎知識を身に付けたいと一念発起、27歳で渡仏。4年の滞在の間にパリ商工会議所運営のプロフェッショナル養成学校「フェランディ校」で料理を学び(…かなりの劣等生だったものの)、フランス国家調理師試験に合格。レストランはもちろん、ラーメンや丼メシ、スイーツの取材にも意欲を燃やし、身を削って(肥やして!?)食べ続ける毎日。

記事一覧を見る

東京から行きやすいエリアに高級リゾートが増加中

ここ数年来、東京から2時間程度で行けるエリアに、高級リゾートが増えています。都内の高級レストランに行ってひと晩で使う予算を、自然環境や温泉でリラックスしながら、料理にも満足できる宿泊施設に使いたいという消費者の意識の変化が背景にあるのだとか。

 

なかでも注目は河口湖周辺や軽井沢。もともと別荘地として古くから人気のエリアですが、個人や会社の所有していた建物や土地がリゾート施設として生まれ変わるなど、その変貌を耳にすることが増えました。また、実際に訪れてみると、東京近郊でニッポンの自然にも親しみたいという外国人観光客の多さにも驚かされます。

 

今日は都内から抜け出して、フードライターとしての視点でみなさんおすすめしたいリゾートについて、お話させてください。

 

緑の森にそっと抱かれるような静寂に満ちたリゾート「ふふ 河口湖」

 

この10月に開業した「ふふ 河口湖」は「スモール ラグジュアリー リゾート」を謳う宿泊施設です。10年前に熱海でスタートした「ふふ」ブランドは、源泉掛け流しの露天風呂がついた全室スイートルームという贅沢な造りの施設に加え、日本の旅館ならではのおもてなしと欧米ホテルのプライバシーを重視した「RYOKANスタイル」が注目を集めました。

 

「ふふ 河口湖」は河口湖の北側に位置し、富士山に対峙する破風山の山裾にあります。目の前の雄大な富士山の姿はもちろんですが、緑の木々に抱かれるように建てられたアースカラーのシックな建物、多くの観葉植物が置かれたメインエントランス横の気持ちの良いテラスなど、「境界線のない森のリゾート」というコンセプトに頷く工夫があちらこちらに感じられます。

 

 

館内にも自然を感じさせる演出がそこここに。もともとこの地に生えていたケヤキを利用したバーカウンターやベンチ、この地の四季を切り取った写真アートなど、シンプルでスタイリッシュなインテリアの中に、この場所で育まれてきた自然が息づいています。現実に戻される文字の情報が最低限しか目に入ってこないので、館内はどこかギャラリーのような趣きも。

 

 

「木漏れ日スタイリッシュ」、「木の花コンフォート」、「梢プレシャス」といった呼び名をつけられた客室も、どこか自宅のリビングのような(といっても自宅よりはるかに素敵なのですが)くつろぎのある仕様です。木や籐の家具に始まり、オリジナルで作られたオーガニックのシャンプーやボディジェル、天然温泉のオープンエアバス(露天風呂)まで、最初に部屋を一瞥しただけでも極上の休日を予感して思わず「きゃあ」と声をあげてしまいたくなるほど。

 

私が一番、感動したのは室内でありながら、オープンエア仕様にもなるバルコニー風スペース。ソファとテーブル、オブジェのようなバイオエタノール暖炉が置かれ、昼はもちろん富士山に面した窓を大きく開けたまま、夜はスクリーンシェードを閉めて少し冷たい山の空気を感じながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

 

またここでは「Spa by sisley」のエステが楽しめるのですが、世界で初めて、宿泊する客室でトリートメントを受けられる「インルーム ラグジュアリー スパ」が可能だということを、大きな声でお伝えしておきましょう。

 

地元の食材をふんだんに使った日本料理。薪での火入れとその香りを楽しむ

 

 

食事はガゼボが点在する庭に面したレストラン「山のは」でいただきます。

 

夕食時にエレベーターで降りて行くと、まず目に飛び込んでくるのがオレンジの炎が上がるガラス張りの炉。パチパチと火の爆ぜる音や暖かな炎が、食事への期待を高めると同時に、不思議と穏やかな気分にさせてくれます。

 

実はこの薪火焼きグリルこそが、今宵の料理の大きな「鍵」になるのです。

 

〜ある夜のコースより〜

薪     焼き鮑 舞茸の天ぷら かぼす

山の幸   鴨諸味焼き 根菜金平

海の幸   甲斐サーモン握り寿し 牡蠣と春菊の白和え…etc.

汁物    菊花仕立て海老真丈 芽葱 柚子

鮮     戻り鰹の炙り 焼き葱 ちり酢 大葉卸し

熔岩    熔岩石焦がしバター醤油焼き 富士桜ポーク ブルーベリー

口直し      野菜の香味漬け

香草          山梨牛の香草焼き 岩塩 山椒 揚げ大蒜 ワインソース

食事    穴子ご飯釜炊き 生姜山椒煮 焼き芹

 

 

季節によって内容は変わるものの、「この場所でしか食べられない料理を」と星野正好料理長が言うように、山梨県のブランド魚であるニジマス「甲斐サーモン」やとろける脂ときめ細やかな食感が特徴の「富士桜ポーク」、豊かな自然の中で育てられた「山梨牛」など地元の食材がふんだんに盛り込まれています。

 

それらを真っ当に美味しくいただくだけでも幸せなことなのですが、扱いの難しい薪の火を操って絶妙な火入れを施し、耐熱性の強い富士山麓の熔岩石の器を使うなど、唯一無二の料理、忘れられない味の思い出を演出したいという思いを強く感じます。

 

繊細さが命である日本料理に、薪火というワイルドな調理法を用いることは「とても大きな挑戦です」と星野料理長。薪料理ならではの「芳ばしさ」がどう生かされているかもこのコースの楽しみなのですが、コースの最後に出てくる「薪アイス」には料理長の茶目っ気たっぷりの遊び心が感じられます。

 

山梨県が誇る地元ワインはもちろん、「ふふ 河口湖」オリジナルワインも用意され、また料理との相性を楽しむペアリングの提案もあります。五感でおいしさ、楽しさを感じられる料理に、幸せ度もMAXになることでしょう。

 

 

そして、朝食まで手が抜かれることはありません。チェックイン時に朝食は30分単位で時間指定ができます。

まず運ばれてくるのは富士山の銘水で作られたプルプルのゼリー、地元の老舗豆腐店から仕入れたせんだい納豆と豆腐のグラタン。そして富士五湖をイメージした器に盛られたおばんさいと地元の麦ご飯。

 

 

ガラス窓いっぱいに広がる富士山を眺めながら(もちろん運が良ければですが)、忘れられない贅沢な時間を過ごせるリゾート「ふふ 河口湖」。寒い季節の方が富士山が綺麗に見えるとのこと、ぜひこれからのバケーションの選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第12回/20種類ものスパイスや生薬を使った特製鍋を食べに青山「香辛」へ…

次の記事>

次の記事>
第14回/オーガニック食材で身体をいたわる。東銀座「リタ オーガニック」…

この連載の最新記事

バレンタインは百貨店のフェアを賢く利用。注目は日本人による日本素材を使ったショコラ。

第28回/バレンタインは百貨店のフェアを賢く利用。注目は日本人による日本素材を使ったショコラ。

今宵は禁断の欲望をすべて叶える。西麻布「洋食ビストロ TŌYAMA」でオトナの洋食三昧(後編)

第27回/今宵は禁断の欲望をすべて叶える。西麻布「洋食ビストロ TŌYAMA」でオトナの洋食三昧(後編)

官能的な漆黒のデミグラスソースで、セクシーな洋食を初体験。西麻布「洋食ビストロ TŌYAMA」 (前編)

第26回/官能的な漆黒のデミグラスソースで、セクシーな洋食を初体験。西麻布「洋食ビストロ TŌYAMA」 (前編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル