OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

「サバ缶」に身近な食材を合わせてすぐ作れる4品

舘野 真知子

舘野 真知子

料理研究家。管理栄養士として病院に勤務後、アイルランドの料理学校に留学。帰国後、レストラン「六本木農園」初代グランシェフを務め、その後フリーに。『認知症予防! 脳がよみがえる「水煮缶」レシピ』(PHP研究所)ほか著書多数

今回は納豆や大根などの身近な食材と合わせるだけですぐに作れるサバ缶料理をご紹介します。

とっても簡単なのに、脳と体を元気にする栄養がたっぷり。さっそく試してみて。

 

サバ缶 5品

サバのEPAで血管、ナットウキナーゼで血液ケア

+納豆 (左上)

 

材料と作り方

納豆(1パック)にしょうゆ(小さじ½)、からし(少々)を加えて混ぜ、さらに汁気をきったサバ缶(90g)を加えて混ぜ合わせる。仕上げに小口切りにした万能ねぎ(少々)を散らし、白いりごま(少々)をふる。

 

 

サバの良質なタンパク質をチーズでパワーアップ

+クリームチーズ (左下)

 

材料と作り方

クリームチーズ(40g)は室温で柔らかくして練り、汁気をきったサバ缶(60g)、レモン汁(小さじ1)、塩(少々)、粗びき黒こしょう(少々)を加え、ペースト状になるまで混ぜる。仕上げにパセリのみじん切り(適量)をふり、クラッカー(適量)などを添える。

 

 

キムチとサバ缶は脂肪燃焼の最強コンビ

+キムチ (右上)

 

材料と作り方

汁気をきったサバ缶(90g)とキムチ(70g)にごま油(小さじ1)を加えてあえる。仕上げに白いりごま(小さじ1)をふる。

 

 

大根の抗酸化成分とサバのDHAで細胞元気

+大根おろし (右下)

 

材料と作り方

大根おろし(100g)と汁気をきったたサバ缶(90g)をあえ、ポン酢じょうゆ(大さじ1)をかける。仕上げに七味唐辛子(少々)をふる。

 

 

 

次回は切干しだいこん&きゅうりを使った「サバ缶」のサラダ仕立てをご紹介します。

 

 

 

撮影/三木麻奈 料理/舘野真知子 スタイリスト/サイトウレナ 構成・原文/瀬戸由美子

 

MyAge2019春号 購入アイコン

<前の記事

<前の記事
第1回/「サバ缶」+梅干しでデトックス効果満点メニュー…

次の記事>

次の記事>
第3回/「サバ缶」のサラダ仕立て/切干し大根のマリネ 甘酒ドレッシング…

この連載の最新記事

栄養は? 日持ちは? 価格の差は? 知っておきたいサバ缶Q&A

第14回/栄養は? 日持ちは? 価格の差は? 知っておきたいサバ缶Q&A

作りおき「サバフレークハーブ風味」で『サバ缶』の活用度アップ/サバフレークマヨトースト

第13回/作りおき「サバフレークハーブ風味」で『サバ缶』の活用度アップ/サバフレークマヨトースト

作りおき「サバフレークハーブ風味」で『サバ缶』の活用度アップ/サバフレークオムレツ

第12回/作りおき「サバフレークハーブ風味」で『サバ缶』の活用度アップ/サバフレークオムレツ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル