OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/healthy_gohan/76427/

えちごトキめきリゾート~新潟県・上越妙高~

石井宏子

石井宏子

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト
温泉旅で心も体もきれいになる
“ビューティツーリズム”を提唱。
トラベルジャーナリストとして取材執筆・
温泉の講演などで、年200日全国を旅する。

記事一覧を見る

えちごトキめきリゾート
~新潟県・上越妙高~

 

新しいリゾート列車「雪月花(せつげっか)」が4月末に運行開始。自遊人や里山十帖で話題のクリエイティブ・ディレクター岩佐十良さんが調理企画・プロデュースをした食事がいただけることも楽しみに、ようやく予約が取れて乗ってまいりました。

石井_えちトキ_1

真っ赤な車体は見るだけで気分が高揚してきます。えちごトキめき鉄道はこれまで乗る機会がなかった路線です。リゾート列車は北陸新幹線の新しい駅「上越妙高」からスタート。新潟で一番古い鉄道の線路を通り妙高高原駅へと向かいます。そこから「妙高はねうまライン」の路線を直江津駅へ。さらに、直江津からは海沿いの「日本海ひすいライン」の絶景を走り糸魚川までの鉄旅です。

石井_えちトキ_2

なんといっても、この列車の魅力は大パノラマビューの車両。天井近くまで窓が広がる高い背高のっぽの車両は緑のトンネルを走り抜けていくようです。田植えが終わったばかりの田んぼの風景は、初々しい緑の稲とキラキラ光る水面が眺められる限られた季節の絶景。日に日に濃くなっていく緑と妙高山の稜線がダイナミックです。雪月花が走ったことは沿線のみなさんの大きな喜びとなったそうで、あちこちで手を振ってくれて感激。

石井_えちトキ_3

そして、列車内のインテリアも越後づくし。川西康之氏設計デザインの車両は地元の木を使っているのですが、1号車は田園の実りをイメージした明るい色調のラウンジ風で、越後杉が使われています。2号車は食事付きのレストラン・カー形式。ゆったりしたダイニング客車の他に、先頭部には展望ハイデッキ席があり、こちらはブナ材が使われています。カフェバーカウンターがある「さくらラウンジ」の壁は桜、床は豪雪に耐える越後の名瓦「安田瓦」という贅沢な越後三昧なのです。雪ダルマや月、桜などのモチーフを見つけたり、荷物を置ける場所もさりげなく完備されていたり、細かいディテールまで行き届いた車両です。

石井_えちトキ_4

というわけで、せっかくの機会ですから、1テーブルしかない展望ハイデッキ席に乗ってみることにしました。一段高い位置にあるので絶景度もひとしお。この列車の展望ハイデッキ席は、実は特別な意味があります。この路線はスイッチバックといって、走る方向が逆になる部分が数回あり、先頭と後方が入れ替わりますので、まるで自分が運転席にいるような気分になれてしまうのです。

 

お食事については、次のページでご紹介します。

石井_えちトキ_5

さて、列車旅のスタートは地元新潟のスパークリングワインから。丁寧にこだわりのワインを造る評判のワイナリー「フェルミエ」の、雪月花オリジナルボトル。この列車内だけでいただける逸品です。(しかも販売もしていないのです。)

石井_えちトキ_6

いよいよお食事です。妙高高原から糸魚川へと向かう午前便はフレンチ。ミシュラン2つ星の飯塚隆太シェフ監修の美しいお料理が3段重に収まっています。1段目は前菜。日本海のバイ貝と蛸のバジルソース、短角牛のローストビーフなど、軽やかなフェルミエの“泡”とぴったりです。2段目はメインディッシュ。いろいろな新潟野菜がカラフルに巻かれた野菜ロールや地鶏のスモーク、茄子のオムレツなど。そして感激したのは、3段目の妻有ポークの自家製ハムと“かんずり”ソースのサンドイッチ。ポークの旨みとピリ辛の刺激、これがもう、絶品!超オイシイ。越後の家庭に欠かせない香辛料かんずり(とうがらし、糀、柚子、食塩などが原材料)、こんな風に変身するなんて驚きでした。野菜の甘味たっぷりのラタトゥイユのディップと交互にいただくと、もう、止まりません。

石井_えちトキ_7

デザートは3つ。イチゴとココナッツのブランマンジェ、カラメルソースのクレームシャンティ、ガナッシュチョコレートに、雪室珈琲は雪月花オリジナルブレンド。この雪室珈琲は、なんとお土産にもいただけて至れり尽くせり。

石井_えちトキ_8

何よりもこの列車の旅を楽しくしてくれたのはクルーのみなさん達。絶妙のトークで大笑いさせてくれる車掌さんや、途中駅に停車している間にホームに降りて写真を撮ってくれたりする気さくな運転士さん。アテンダントさんも気がきいていて、それぞれのお客様のスピードに合わせてお食事を運んでくれます。

石井_えちトキ_9

そして、列車好きの友人が涙目になって感動していた「直江津駅」での出来事は、このリゾート列車のために現れてくれた駅弁立ち売りのおじさん。もう、日本全国で4人しかいないのだそうです。

石井_えちトキ_10

 

えちごトキめきリゾート雪月花

https://www.echigo-tokimeki.co.jp/setsugekka/

 

石井宏子

公式Website  http://www.onsenbeauty.com

ブログ「地球まるごと温泉ビューティ®」http://ameblo.jp/onsenbeauty/

facebook・石井宏子  http://www.facebook.com/onsenbeauty

 

 

<前の記事

<前の記事
第55回/海女さんの美肌が証明する海のミネラルパワー~三重県・伊勢志摩~…

次の記事>

次の記事>
第57回/フラノマルシェのピザ製作所~北海道・富良野~…

この連載の最新記事

台湾の温泉で山形に出会う?!~台湾・礁渓温泉・山形閣~

第106回/台湾の温泉で山形に出会う?!~台湾・礁渓温泉・山形閣~

ケトジェニック&ローカーボの台湾美食~台湾・台中福華大飯店 Howard Prince Hotel Taichung~

第105回/ケトジェニック&ローカーボの台湾美食~台湾・台中福華大飯店 Howard Prince Hotel Taichung~

湯の街・温泉津温泉に暮らす気分で滞在~島根県・温泉津温泉~

第104回/湯の街・温泉津温泉に暮らす気分で滞在~島根県・温泉津温泉~

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル