PR

食物繊維豊富な「もち麦」で手軽に! 料理家 ×女医の美腸・美肌レシピ 


料理家・山田玲子さん × 女医・渡邊千春さんが提案する

もち麦とヘルシー食材で作る、美腸・美肌レシピ

 

山田玲子さんは、簡単に作れておもてなしにも使えるおしゃれなレシピで人気の料理家。おいしくて健康によいもち麦が大好きで、日々の料理に取り入れているそうです。

 

そこで、前回登場してくださった、同じくもち麦好きの女医、渡邊千春先生とコラボ。最強の美腸・美肌メニューを提案してくれました。

 

profile

山田玲子さん(左)

1959年生まれ。東京・浜田山と麹町で料理教室「Salon de R」を主宰。健康を考えたおしゃれで作りやすいレシピが人気。近著に『NY発! サラダBOWLレシピ 野菜と雑穀でヘルシー』(大和書房)。OurAgeのコラム「食のパワーを求めて東奔西走!」も好評連載中

 

渡邊千春さん(右)

’68年生まれ。医学博士・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。東京医科大学卒業後、東京医科大学皮膚科勤務。その後、肌クリニック大宮 ベルビー赤坂総院長などを経て2012年に千春皮フ科クリニックを開院

 

ゆでたもち麦を凍して

ストックしておけばいつでも手軽に!

 

もち麦には水溶性食物繊維が豊富! 水溶性食物繊維は腸の調子を整え、美肌にも効果的な成分ですが、現代人には不足しがち。美と健康を考えたレシピの開発を数多く手がける山田玲子さんは、もち麦を積極的に取り入れています。

 

「もち麦のよいところは、毎日の食事に無理なく、簡単に取り入れられるという点ですね。いくら健康によい成分が豊富でも、たまに食べるだけではその効果があまり期待できませんから…。もち麦ならご飯に混ぜて炊くだけでもOKですし、どんな食材とも相性がよいので、さまざまな料理に使えますよ」と山田さん。

 

そこでおすすめしたいのが、もち麦をゆでて冷凍しておくこと。使う分だけ解凍してすぐに使えるので便利。 ショートパスタの感覚でサラダやスープのトッピングに使ったり、肉だねに加えたり…。いろいろな料理使ってそのモチモチ&プチプチ感を楽しみましょう。

 

さらに、ミキサーにかけるとほどよいとろみが出るので、スムージーに加えるのもおすすめ。腹持ちがよくなって、ダイエットにも効果的です。

 

以下の方法を参考に、ぜひ冷凍庫にストックを。料理の幅も広がりますよ!

 

<もち麦のゆで方>
鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させ、約15分間ゆでる(水分を吸ってふっくらとしたらゆであがり)。ゆであがったザルにあげてよく水けをきる。

our%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%bb%e3%82%b9a

 

<冷凍の方法>

our%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%bb%e3%82%b9b

チャック付きの保存袋に入れる。平らにならし、袋の空気を抜いて冷凍する。

 

★次のページでは、こうしたゆでたもち麦を活用したレシピをご紹介しましょう。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

products

食物繊維を多く含み、お茶碗1杯(白米の約3割量のもち麦を加えて炊いたもの約150g)で2.3gの食物繊維が摂取可能。1日に2杯食べれば日本の平均女性に不足しているといわれる食物繊維量(厚生省が推奨している成人女性の目標摂取量から、平均的な女性の摂取量を引いた不足量3.7g)が補えます。

カリウムや鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルも豊富。「大麦効果」はもち性の大麦を米粒状に加工したもの。冷めてもごはんが固くなりません。

 

左:「大麦効果」360g(60g×6袋)¥350

右:「もち麦ごはん」 600g(50g×12袋)¥450

【問い合わせ先】

はくばく フリーダイヤル0120-089890



この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top