OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/101976/

姿勢を直す!⑦/スマホ首に注意

お話をうかがったのは

岡田隆

岡田 隆さん

Takashi Okada

日本体育大学体育学部准教授(運動器外傷学研究室所属)。理学療法士。日本体育協会公認アスレティックトレーナーであり、自身もボディビルダーとして活躍。近著に『骨格バランス改善メソッド』(ナツメ社)など

 

 

首のコリをほぐして頸椎を矯正する

前かがみの姿勢でのスマホやパソコン作業…前傾した首はやがてストレートネックへ発展します。頸椎の変形予防は、まずはコリをほぐすことから!

 

 

日常のたるみ・老け姿勢 3

ストレートネックとも言われる現代病

スマホ首

スマホ首

 

首が悲鳴を上げる前傾姿勢に要注意!

「頭の重さは約5㎏。しかし、首が前に傾いた姿勢になると、その負荷は18㎏にも! この重さを支えるため、本来前弯しているはずの頸椎のカーブがなくなった、ストレートネックになっている人が急増中。首の前傾姿勢でこり固まった僧帽筋上部をほぐし、首の可動域を広げて、血行を促すケアが必要です」

 

 

スマホ首に注意

頸椎の変形や痛みに
発展することも!

下を向いたままの姿勢を長時間続けていると、首の付け根から僧帽筋上部の筋肉が緊張し硬直。やがて頸椎の前弯カーブがなくなると、椎間板に過度な圧力がかかり、頸椎ヘルニアなど痛みの原因にも!

 

スマホ首

前かがみの姿勢は首や肩に大きな負担がかかります。普段から頭部を背骨の真っすぐ上にのせた、正しい姿勢を心がけましょう

 

次ページに対処法をご紹介します。

ほぐす

椅子の背もたれで
首の付け根をマッサージ

背もたれの上に首の付け根をのせ、顔を左右に向けることで、首の後ろの伸筋群をほぐします。頭の重さが負荷になる、首や僧帽筋上部など、こりやすい筋肉を、効果的にほぐすことができます。

スマホ首

 

背もたれに当てて
首の力を脱力

写真のように上半身だけ椅子にゆだね、背もたれの上に首の付け根をのせます。腕で体を支えながら、首の力を抜き15秒キープ

 

スマホ首

 

顔を左右に向けて
首全体をほぐす

顔をゆっくり左右に向けることで、首の付け根を広範囲に刺激します。首の緊張をほぐし、血行を促進。10回×3セット

 

 

伸ばす

首の後ろと側面を
気持ちよく伸ばして

前傾姿勢でこり固まった首を、さまざまな方向へストレッチ! 頭部を前と後ろに倒し、次に真横左右に、続いて斜め左右に倒します。首と肩をつなげる胸鎖乳突筋や僧帽筋上部を広範囲に伸ばして、首の可動域を広げてあげましょう。

スマホ首

 

両手を後頭部に当て、上半身は固定したまま、頭部だけ手前にゆっくり倒し15秒キープ

 

左右の手のひらを合わせ、指の先であごを押し上げて、頭部を後方にゆっくり倒し15秒キープ

 

右手を左側頭部に当て、左腕を腰の背中側に回して、僧帽筋上部を伸ばし15秒キープ

 

頭部をゆっくり右真横に、続いて斜め右に倒し15秒キープ。左右の腕を替えて、左も同様に

 

 

ここに効く!

胸鎖乳突筋と
僧帽筋が伸びる

水色が胸鎖乳突筋、ピンクが僧帽筋。首が前かがみになると緊張する筋肉で、片腕を背中に回すことで、さらにストレッチ効果が高まります。

スマホ首

 

 

 

撮影/城 健太 ヘア&メイク/木下庸子 モデル/栗本奈央  スタイリスト/鈴木由里香
イラスト/かくたりかこ

取材・文/山村浩子

今すぐチェック!

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

【アンケートにご協力ください!】40~50代への推しオイル「アマニ油」を毎日摂るには?

PR
<前の記事

<前の記事
第6回/姿勢を直す!⑥/ほぐす、伸ばす、鍛える、で猫背改善…

次の記事>

次の記事>
第8回/姿勢を直す!⑧/ポテポテ歩行から颯爽とした歩きに…

この連載の最新記事

姿勢を直す!㉒/縮んだ筋肉を緩めて柔軟な状態に

第22回/姿勢を直す!㉒/縮んだ筋肉を緩めて柔軟な状態に

姿勢を直す!㉑/猫背改善専門のトレーナーが指導

第21回/姿勢を直す!㉑/猫背改善専門のトレーナーが指導

姿勢を直す!⑳/大正15年創業の老舗治療院で姿勢改善

第20回/姿勢を直す!⑳/大正15年創業の老舗治療院で姿勢改善

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル