HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/126698/

不調を正す「よい呼吸」を知ろう

森田愛子

森田愛子

治療家。鍼灸マッサージ師・ヨガインストラクターとして〝身体を育てなおす〞渋谷鍼灸理学治療室(K- Raku Style)を運営。自身が抱える多くの不調を、呼吸法で治した経験を持つ

日常の力みグセによって普段、知らず知らずのうちに行ってしまっている浅い呼吸。前回は、その浅い呼吸が招く悪い連鎖についてご説明しました。ここからは5回にわたって、深く呼吸するための正しい呼吸法をさまざまにご紹介していきます。

 

 

 

ふくらんで、しぼんで、巡らせる!

"よい呼吸"を知ろう

 

 

大呼吸と深呼吸はまったくの別もの

 

まず、いつも通り深呼吸をしてみてください。あなたは次のような状態になりませんでしたか? ◆あごが上向き上半身がのけぞった。◆胸とお腹が大きく前にふくらんだ。◆両腕が脇から離れた。「これらはすべて"大呼吸"です。大呼吸とは、息が体の前面に散らばっていく浅い呼吸。一方、深呼吸とは、体の中心を通ってストンとお腹の奥へ落ちていくような深い呼吸を指します」と森田先生。

 

 

息を吸うと体の体幹部分が風船のようにふくらみ、吐くとしぼみます。呼吸は、この「ふくらむ・しぼむ」といったリズムに従い、体の中心から手足の末端へ、そして末端から中心に向かって、血液、リンパ、体液などと一緒に全身を巡っていきます。
「正しい呼吸によるスムーズな呼吸循環こそが、人間の自然治癒力を向上させ、健康な体へと導くカギ。体の中心に収まるよい呼吸を、この機会にぜひ覚えてください」

 

 

 

呼吸力を確認

 

浅い呼吸

まず、リラックスできる姿勢で合掌をし、普段通りの深呼吸を行ってみます。あごが上がり、肩をロックし、胸でする浅い呼吸になっていませんか?

 

 

 

深い呼吸

合掌した手を胸に押し当て、肘を前に出した状態で深呼吸。あごを引き、肩が前に出ると、深くお腹の奥まで息が落ちるイメージになるのを感じてみて。 親指を軽く胸の中心につけるのがポイント。腕~肩~腕のラインが丸くなる感じ

 

 

次のページで、正しい呼吸法を伝授します。

息を深く吸うための

基本呼吸法

 

 

1 椅子に座り、小さく前へならえの格好で背中をやや丸くします

2 お腹全体を凹ませたまま、両手を前に伸ばし手のひらを合わせます

3 合掌した手の親指を軽く胸につけ、肘が前に出ているポジションを作ります。そのまま背中をふくらませるように、鼻から息を吸います

 

 

 

息を吐ききるための

肋骨呼吸

吸いきったら合掌をほどき、両手を軽く肋骨に当て、息を口から細く吐きながら手を当てた範囲を凹ませ、吐ききります

 

 

 

 

いかがでしたか? 普段、無意識に行っている呼吸ですが、改めて正しい呼吸法を実践してみると違いに気付きますね。

 

 

撮影/城 健太 ヘア&メイク/木下庸子 構成・原文/上田恵子

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/呼吸を「巡らせて」治癒力を高める…

次の記事>

次の記事>
第3回/体の緊張を緩める「うずくまり呼吸法」…

この連載の最新記事

「丹田呼吸法」で治癒力を上げて体質改善!

第6回/「丹田呼吸法」で治癒力を上げて体質改善!

正しく立って、「呼吸」を整える

第5回/正しく立って、「呼吸」を整える

耳や肩を開いて、体を緩めるコツ

第4回/耳や肩を開いて、体を緩めるコツ

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル