OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/127702/

50代もヘルシーで美しく! その秘訣は筋肉にあり

元バドミントン日本代表選手で、現在は日本テレビ「news every.」でキャスターを務める陣内貴美子さん。現役を引退して23年。50歳を過ぎてもなお、輝くようなヘルシーな美しさにますます磨きがかかっています。その秘密は、毎日のちょっとした心がけにありました。私たちが憧れる“輝くアラフィフ”は、いかにして作られるのでしょうか。

陣内貴美子(じんないきみこ)
1964年熊本生まれ。元バドミントン日本代表選手、スポーツジャーナリスト、キャスター。16歳で史上最年少の日本代表に選出される。1992年、バルセロナオリンピック出場。現在は日本テレビ「news every.」キャスターなど、テレビ・ラジオ・雑誌・講演会・イベント出演など、幅広く活動を行っている。また、全国でのバドミントン講習会・講演会など競技の普及にも務めている。

 

◆11階の控室まで、階段で2往復!

週5日出演する日本テレビ「news every.」のスタジオは5階。陣内さんの控室は11階。その6階分は必ず階段で移動をするという陣内さん。“人に見られる仕事だから”と、常にボディメンテナンスを心がけているそうです。

 

「テレビ局のワンフロアって、普通の建物より高さがあるんですよ。だから6階分といっても、通常の1.5倍くらいはあると思います。そこを毎日、2往復ぐらいしていますね。

 

テレビのお仕事は正面からだけでなく、横からも立ち姿も見られてしまいます。スッとした姿勢を維持するためにもインナーマッスルは意識しています」

 

日常で、動く! これが陣内さんの心がけ。抜群のスタイルの良さと凛とした姿勢は、毎日の意識によってキープされているのです。

◆チームメイトをおぶって階段を駆け上がった現役時代

バドミントン選手として史上最年少で日本代表に選ばれ、バルセロナオリンピックにも出場した陣内さん。現役時代は、どのようなトレーニングをしていたのでしょうか。

 

「中学生の時は平日は14キロ、週末は30キロ、毎日欠かさず走っていました。当時は今みたいにトレーニングの器具などが少ない時代だったので、チームメイトをおぶって階段を駆け上がったり、うさぎ跳びをしたり。バドミントンは前後左右に動くスポーツなので足腰が強くないとだめなんです。長距離、ダッシュ、スクワットはもちろん、砂浜を走ったり、山道を走ったり。それは引退するまでずっと続きました。もう一生分の運動をしたと思います(笑)。

私は筋肉がつきにくく、落ちやすいみたいなんです。アスリートとして、それはコンプレックスでした。だから人一倍やるしかなかったんです。おかげで筋肉はしっかり応えてくれて、右肩、右手は今でも左より大きい。筋肉がしっかりついちゃって(笑)」

 

筋肉は裏切らない、とご自身の経験で実感しているそうです。

◆50歳を過ぎて、ダッシュができなくなった⁉

若い頃にかなりの運動をしてきた陣内さんですが、やはり年齢とともに体の変化を感じているそう。現役時代の体脂肪率は14%だったのが、引退後はなんと、最大24%まで増えてしまったそうです。

 

「脂肪がついたというよりも、筋肉が減ったんでしょうね。最近は、例えば横断歩道で青信号が点滅しているとき、急いで渡るかどうか躊躇してしまうこともあります。以前なら何も考えず、ダッシュしたはずなんですが。水たまりも『この幅、超えられるかな? やめとこうかな……』と一瞬考えたり。あんなに自信があった足元に、やっぱり衰えを感じることはありますね。

 

私の父が病で倒れ寝たきりになってしまい、それを見ているとやはり、人生の最後まで、自分の足でしっかり歩きたいと願ってしまいます。歳をとると、足が上がらなくなったり、歩幅が狭くなったりしてきますよね。そうならないように、この先も元気でいるために、絶対に筋肉は減らさないようにしたい。

 

運動って、習慣がないと面倒だと思うかもしれませんが、『運』が『動く』って書きますよね。動くことで運も動く。だから、皆さんも日常生活の中で、少しずつでも動くようにしてみてはいかがでしょうか」

習慣にしているのは自宅近くの公園で、腕を大きくふって歩幅を大きく歩くウォーキングと、肩甲骨のストレッチ。胸を開くために後ろから前→前から後ろ回しの順で。そして寝る前に腹筋を60回! インナーマッスルは大事です。

 

 

陣内さんは運動以外にも、サプリメントや健康補助食品も必要と感じたら取り入れるそう。50代の今の自分には「アリ」だと実感しているそうです。

 

「自分の食生活の中で、うまく摂れないのだったら、サプリメントや健康補助食品の力を借りることも、50代の今の自分には『アリ』と感じています」

 

笑顔も姿勢も、気持ちがいいほどヘルシーで美しい陣内さん。
私たちも見習って、輝く50代を楽しみたいですね。

 

撮影/山田英博 ヘアメイク/橋本京子 取材・文/島田ゆかり

 

提供:再春館製薬所

最近「つまずきやすい」「下りの階段でヒヤリとした」「バスや電車でよろけた」など、動きの衰えを感じることはありませんか?

筋肉づくりに必要なのは、なによりも「運動」と「栄養」です。

そのうちの「栄養」を効果的に取り込むサポートをしてくれるのが、「長白仙参(ちょうはくせんじん)」です。

長白仙参(ちょうはくせんじん)は、漢方の製薬会社・再春館製薬所が、研究、開発した独自成分「長白参(ちょうはくじん)エキス」を配合したゼリー。

希少な高麗人参。その中でも貴重な「長白参(ちょうはくじん)」のひげ根から抽出したエキスのみを配合。有用成分の「ジンセノサイド」が多く含まれ、人が本来持っている力に働きかけます。

そして、長白仙参(ちょうはくせんじん)は、体内で作ることができない9種の必須アミノ酸をバランスよく配合。中でもロイシンは40%も含まれています。最小単位のアミノ酸のため、消化する力が落ちた50代からの体にも吸収されやすくなっています。

さらに1本あたり12.5kcalなので、カロリーを気にせずに毎日摂取できます。リンゴとパイナップル果汁入りクラッシュゼリーで、水なしで食べられ、スティックタイプで持ち運びやすいのもポイント。

長白仙参(ちょうはくせんじん)を味方にして、50代からの筋活を始めましょう!

長白仙参の詳しい情報はこちら
http://www.saishunkan.co.jp/chohakusenjin/lp/mitame001.html


<前の記事

<前の記事
第3回/パリピ編集者ルリルリ(52歳)「ファスナー上げられない事件簿」…

次の記事>

次の記事>
第5回/朗報! 何歳になっても筋肉は作られます。「アミノ酸」と「ちょっとの運動」を味方に!…

この連載の最新記事

朗報! 何歳になっても筋肉は作られます。「アミノ酸」と「ちょっとの運動」を味方に!

第5回/朗報! 何歳になっても筋肉は作られます。「アミノ酸」と「ちょっとの運動」を味方に!

50代もヘルシーで美しく! その秘訣は筋肉にあり

第4回/50代もヘルシーで美しく! その秘訣は筋肉にあり

パリピ編集者ルリルリ(52歳)「ファスナー上げられない事件簿」

第3回/パリピ編集者ルリルリ(52歳)「ファスナー上げられない事件簿」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル