お尻を鍛えて階段もラクラク!/お尻の筋肉が衰えやすい日本人のための効率的な筋肉強化法

プロフィール写真

松尾タカシ

ヒップアップ・アーティスト。長年のトレーナーとしての経験からお尻の重要性に着目し、日本初のお尻専門トレーナーとして活動。著書に『DVDでよくわかる 一生歩ける!「おしり」の鍛え方』(池田書店)など

お尻の筋肉は「立つ」「歩く」など、日常生活での重要な動作を支える大切なパーツ。ところが日本人は骨盤が後傾している人が多いため、その筋肉が衰えやすいそう。将来、腰痛や歩行困難を防ぐためにどのような対策が必要なのでしょうか? 今回はお尻の筋肉が衰える原因とその強化法についてご紹介します。

 

お尻を鍛える 女性後ろ姿

ブラトップ¥9,000 ・レギンス¥9,800/ヨギー(ヨギー・サンクチュアリ)

 

骨盤が後傾している日本人は

お尻の筋肉が衰えやすい

残念なことに、日本人は特にお尻の筋肉が衰えやすいのだとか。

 

「理想的なお尻とは、アスリートのように、丸みがあって後ろにキュッと突き出た〝ダチョウ〞のようなお尻です。このようなお尻は、骨盤前側の深部にある腸腰筋(大腰筋・小腰筋・腸骨筋)が発達していて、骨盤が前傾しているのでお尻がキュッと引き上がっています。腸腰筋は脚を垂直に引き上げるときに使われますが、この筋肉がよく使われると骨盤が前傾し、お尻の筋肉も使われ、鍛えられます。でも日本人は骨盤が後傾している人が多く、腸腰筋が使われにくいので、お尻の筋肉も衰えやすいのです。ですからお尻力を高めるなら、お尻の筋肉に加えて、腸腰筋を鍛えることも不可欠です」

 

 

お尻まわりの筋肉を緩めてから鍛えて
効率よくお尻力強化

お尻力を高めるために必要なのは骨盤を前傾させること。そのために松尾さんがすすめるのが、次ページで紹介する3ステップの体操。

 

「まず最初のステップが硬くなっているお尻の筋肉を〝緩める〞こと。お尻まわりで鍛えるべき腸腰筋などの筋肉は骨盤の深部にありますが、私たちは通常、体の外側の筋肉ばかり使っていてそれらが硬くなっています。すると腸腰筋などの深部の筋肉が使われにくくなるので、まずストレッチで硬い筋肉を緩めます。特に裏ももの筋肉が硬いと骨盤が後傾し、お尻の筋肉も衰えるのでこの筋肉を中心に緩めます。次のステップはお尻を〝整える〞こと。骨盤を前傾させる体操で腸腰筋にスイッチを入れます。3つめのステップは〝鍛える〞ことで、脚を上げる動きなどで腸腰筋やお尻の筋肉をさらに鍛えます。この3ステップを続けると階段も笑っちゃうほどラクに上れるようになり、将来の寝たきりも防げますよ」

 

 

 

次はお尻まわりの筋肉の仕組みなどをご紹介!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top