OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。インドネシアのビンタン島は、熱帯雨林ときれいな白砂のビーチもあるリゾート地。日本から直行便がないので馴染みが薄いようですが、実はシンガポールからフェリーで1時間という穴場です。

 

 

日本からシンガポールは、シンガポール航空などの直行便を利用すると約7時間。ビンタン島にわたるタナメラフェリーターミナルは、シンガポールのチャンギ国際空港から車で約10分でシャトルバスもあります。シンガポール市内からは場所によりますがタクシーで約30分。乗船チケットはオンラインで先に買っておくと安心ですが、ターミナルでチェックインをして乗船チケットに交換する必要があるので45分前には到着しておくのが無難です。

 

 

乗船約1時間でインドネシア領の、緑いっぱいの島へ到着。ビンタン島にリゾート、レジデンス、スパ、そして18ホールのゴルフ場ももつ「ラグーナ・ビンタン」の施設へ。ここには全室ヴィラタイプの「バンヤンツリー・ビンタン」、フルサービス・ホテルの「アンサナ・ビンタン」そして、サービスアパートメントタイプの「カッシーア・ビンタン」とバンヤンツリー・グループが経営する3タイプのホテルがあります。

 

 

2家族で訪れた今回、1泊目はラグジュアリーなスタイルの「バンヤンツリー・ビンタン」で、インフィニティプールを挟んだ2ベッドルームタイプのヴィラに宿泊。中に入ると鯉の泳ぐ池、部屋には天蓋付きベッドがあって、子供も大はしゃぎ。

 

 

到着した日のランチは、目の前に南シナ海が広がる地中海料理レストラン「ザ・コーブ」で贅沢に。食事前に優雅に手を洗わせてくれます。

エディブルフラワーをあしらった優雅なサラダや柑橘類を使った爽やかなクラブケーキ、パスタもアルデンテな仕上がりで、ビンタン島での本格的な地中海料理にびっくり。

 

<前の記事

<前の記事
第104回/直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう…

次の記事>

次の記事>
第106回/台湾の日式温泉発祥の地で、驚きの食とおもてなしに出会う…

この連載の最新記事

台湾の日式温泉発祥の地で、驚きの食とおもてなしに出会う

第106回/台湾の日式温泉発祥の地で、驚きの食とおもてなしに出会う

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

第104回/直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル