黒川伊保子先生に聞く脳育ての術7 ①まず自分の脳を知る!

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集
「チーム健活」 メンバー
南の島のビーチで読書、が至福のとき。
よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。
ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

こんにちは。黒川先生から、56歳からが脳の絶頂期、と聞いて、ちょっとホッとしたミーナです。脳トレ、まだ間に合いそう!

 

 

黒川伊保子先生に聞く脳育ての術 7

 

 

長年、人工知能のエンジニアとして脳の研究をしてきた黒川伊保子さん。

 

脳を「装置」として見立て、どのような入力に対してどのような演算が行われ、どう出力されるのかを追求してこられました。

 

 

そこで、脳の専門家である黒川先生に、脳を健やかに育てるための術を7つ伺いました。

 

まず一つ目は、自分の脳を知るということについてです。

 

 

 

 

【1】

まず自分の脳を知る! 56歳からが脳の絶頂期

 

 

 

ダイヤモンドの輝きから真珠のツヤを目指して

 

 

 

人間の脳と体は、40代後半になると、生殖のために生きてきた時代を終え、「次の50年」へとステージを移す準備に入ります。そして50代前半になると、いよいよ「新たな50年」が始まります。

 

私たちが、女性ホルモンとともにあるダイヤモンドの輝きをいつまでも放ち続けることは不可能ですが、その代わり次の50年では、真珠のようなツヤを手にすることができます。

 

 

実は、脳にとって閉経は悪いことではありません。貧血から豊血に変わるため頭はすっきりして体はタフになり、生殖期とは別のパワーが生まれるからです。これが「真珠のツヤ」の秘密です。

 

若さへの未練で、つややかな真珠に変わるチャンスを逃してはもったいない。しっかり脳と体をリフォームして、次の50年に備えてください。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第11回
黒川伊保子先生に聞く脳育ての術7 ①まず自分の脳を知る!


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント(5)

    おまえさま
    コメントありがとうございます。思い出すということが、脳の活性化につながるんですよね!

    ourage-editor - 2015年10月20日 04:23

    61歳になり、昔の事が色々思い出されます。

    おまえ - 2015年10月13日 12:13

    匿名様
    コメントありがとうございます、アワエイジのミーナです。そうなんです、出力性能が上がったと思えば、うれしいですよね!ミーナも余計なことを考えず、これからの人生、楽しく生きていきたいです。

    ourage-editor - 2015年8月24日 19:48

    若い頃と比べて、余計なことで悩まなくなり、シンプルに生きられるようになった実感はある。出力性能が高まったということか?

    匿名 - 2015年8月22日 23:47

    適当な内容ですね

    匿名 - 2015年8月1日 01:11
    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top