PR

50代編集者、リフォームの費用と反省、包み隠さずお話します

プロフィール写真

女性誌編集者歴約30年。都内マンションに夫と二人暮らし。OZONE家designの「オーダー家具」コースを依頼し、13年間放置していたリビングに、ついに収納家具が完成した。さて、「面倒な人」の感想は?

オーダー家具の工事が無事終了。

1ヵ月半後に宅配便で照明器具が届いた。これで全工程完了だ。

 

 

◆1月●日
フィンランドのアルテック社からアルヴァ・アアルトのライトが届いた。

輸入元が、依頼通りコードの長さをカットしてくれていて、自分で簡単に取り付けられた。

リフォーム照明取り付け

箱の中には、ライトといっしょに英語の取り付け説明書、手袋も入っていた。

リフォーム照明つく

 

うん、いい感じだ。

OZONEのインテリアデザイナー山田佳代子さんのアドバイスで、口がややすぼまった形を選んだので、下から見上げても電球が見えにくくまぶしくない。ただ、キッチンから料理を運ぶときに、ガラス越しの光が意外にまぶしかったので、当初入れた60WのLED電球を、同じタイプの40Wに下げた。
テーブルのどこに座っても新聞が読みやすい。夫も無事、気に入った様子だ。

 

 

 

さて、写真ですでにバレているけれど、残念ながら、

懸案のアンティーク家具は、まだ見つかっていない。

その場所には、新婚時代にサイズオーダーした食器棚が置きっぱなしだ。スペース幅が100cm程度なので、大型が多いアンティークで探すのに苦労している。また、グラス類の出し入れで頻繁に使うので、ドアの開閉のスムーズさなども必要。そう簡単に出会えないのだ。

 

とりあえず、かごや南仏系雑貨は、片付けたり処分したり、かなり減らした。それが出来ただけでも相当すっきりした。

見た目はもちろん、気分的にも。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
写真

誰しも経験値が少ないのが当たり前の、新築やリフォーム。デザインはもちろん、安全や金銭面でも心配ごとや悩みは尽きません。そんなときに、OZONE住まいコンサルタントは、私達が知りたいことに答え、ネットワークの中から、最適なプロフェッショナルを紹介し、中立的な立場でアドバイスしてくれます。

リフォームOZONE例

OZONE家designの「新築」と「リフォーム」コンサルティングもスゴイ!

50代編集者マドレーヌが依頼した「インテリアコンサルティング」以外にも、OZONEには「新築コンサルティング」と「リフォームコンサルティング」のコースがあり、悩める私達の味方になってくれます。

新築コンサルティング
計画から完成までの長い道のりをサポート。まずは予算や土地の条件のこと、建築家や工務店などの依頼先選び、希望によりコンペも実施。また、契約内容、設計、工事まで、なんと1000ものポイントをいっしょにチェックしてくれるそう。大きなお金をかけるときだからこそ、中立的な立場のプロの存在が、頼りになります。
新築コンサルティング

リフォームコンサルティング
ていねいにライフスタイルの聞き取りをした上で、設計施工のパートナーの紹介や、コンペを実施。リフォーム会社、インテリアデザイナー、建築家など、依頼先のネットワークも豊富です。信頼できる第三者のサポートで、不安や疑問を解決しつつ進められるのは大きなメリットです。
リフォームコンサルティング

OZONE 家 design



この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top