第2章 ミラクル免疫力対談:白澤卓二教授VS女優 杉田かおる/②免疫力が低下する原因

プロフィール写真

白澤 卓二

白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士

 

1958年神奈川県生まれ。1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。

 

東京都老人総合研究所病理部門研究員、同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科 加齢制御医学講座 教授。

 

専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座 特任教授、バイオフィリアリハビリテーション学会理事長、日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長、アンチエイジングサイエンスCSO、ライフ・レングス®社(本社マドリッド)科学顧問。

 

著書は『100歳までボケない101の方法』『老いに克つ』『免疫力をアップする、塩麹のおかず』『100歳までボケない手指体操』『100歳までサビない生き方』『「砂糖」をやめれば10歳若返る!』『ココナッツオイルでボケずに健康!』など200冊を超える。

ミラクル免疫力をつけると、老けない!

 

この連載では、書籍『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(集英社刊)から、免疫力をアップしてアンチエイジングライフを叶える方法をお伝えしていきます。ミラクル免疫力をすぐに実践できるレシピも、続いてご紹介。ぜひお役立てください。

 

 

第2章

ミラクル免疫力! で老けない女性になる!

 

 

 

【ミラクル免疫力対談】

ミラクル免疫力で、いつまでも老けない!

医学博士 白澤卓二先生 VS 女優 杉田かおるさん

 

テレビ番組がきっかけで、オーガニックなライフスタイルを実践するようになり、健康な体と心を取り戻した杉田かおるさん。長寿研究の第一人者、白澤卓二先生とともに、免疫力を上げて老けずに生きる方法についてお話ししていただきました。

 

今回は、免疫力が低下する原因についてのお話です。

 

 

 

 

杉田かおる  Kaoru Sugita

p19_dsc6032

 

1964 年東京都生まれ。7歳でテレビドラマ 『パパと呼ばないで』に出演。天才子役として人気沸騰。その後も女優として映画、テレビ、舞台で活躍。2009 年テレビ番組のダイエット企画がきっかけで、オーガニックな食生活に目覚める。

近年は、自らの農業体験を活かした講演や執筆活動を。著書に『杉田かおるの毒だしダイエット』(アスコム)、『杉田かおるのオーガニックライフ』(武田ランダムハウスジャパン)、『この私が変われた理由』(アスコム)など。

 

 

 

 

●免疫力は、ストレス過多でもストレスゼロでも低下する

 

 

白澤 ダイエット中は、何を食べていたんですか?

 

杉田 オーガニックの野菜が中心でしたね。食欲を抑えるのが辛いときもあって、そんなときは、ヴァイタミックス(ミキサー)で作るジュースやスムージーを頼りにしていました(笑)。それから、生ナッツ類やドライフルーツなどを携帯し、おやつにしていましたね。

 

白澤 生ナッツはおやつにとてもいいですね。

 

杉田 「何を食べたらいいんだろう? やっぱりマクロビオティック(玄米菜食。食事法のひとつ)かな? ほかにないかな?」などと、いろいろな食事法を模索していたときに、いとうゆきさんが提唱するリビングフード(生の食材から酵素を摂取するアメリカで誕生した食事法のこと。ローフードと類似する)と出会って。そこで初めて酵素栄養学を学んで、人間には酵素が必要なんだと知ったんです。
あるとき、いとうゆきさんが生のアーモンドを使って、アーモンドミルクを作ってくださったんですね。それが本当においしくて、感動しちゃって。

 

 

アーモンドミルク(ミラクル免疫力)

 

白澤 アーモンドミルクは本当においしいですよね。あの味を知ったら、牛乳には戻れなくなりますね。

 

杉田 本当にそうですね。それから、リビングフードの「リビング」とは「生きている」という意味で、植物の酵素が生きているうちに、「命をいただく」という考え方が私にはとてもわかりやすかったんですね。

リビングフードに出会ったことがきっかけで、自分の田畑で自然農(農薬も肥料も使わず、耕さずに野菜や米を栽培する農法)で野菜作りも始めたんです。

 

白澤 それはすばらしいね。ついに自然農にいったんですね(笑)。

 

杉田 静岡のビオファームの松木一浩さんの野菜塾に通って、土の作り方から教えていただきました。有機農法を松木さんに教わってから、自然農を20年以上実践している松尾靖子さんに教えていただいて始めたんです。

 

白澤 自然農はどこでやっているんですか?

 

杉田 福岡県の糸島市です。福岡と唐津の間ですね。

 

白澤 僕も土は非常に大事だと考えているんですよ。

 

杉田 土は作るものだと思っていたんですけど、長い人類の歴史でみたら、人間は土と共存してきているんですよね。農作物だけでなく、日本の土壁もそうだし、ブータンに行ったときも土壁でした。結局、人間も土に還っていきます。

 

白澤 衣食住全部に土が関わっているんですね。そうすると、杉田さんはリビングフードやマクロビオティックの食事の方向で、いままできているわけですね。

 

杉田 ええ、基本的にはそうです。でも、仕事柄、外食が続くことも多いので、そういうときは、野菜スープやジュースで一食にするなどしてバランスをとっていますね。

 

白澤 外食が続くと、やはり太りますか?

 

杉田 偏るんですよね。自分がイメージしている食事は摂れないですから。

 

白澤 でも、自分が理想とする食事のイメージはできているんですね。こういう食事ならウエイトコントロールできる、と。

 

杉田 ええ。イメージとしては、「マクロビ+リビングフード」。でも、私の場合、ネオマクロビ、ネオリビングフードと言ったほうが正しいかもしれませんね。

 

白澤 ネオマクロビ? ああ、いい言葉ですね。

 

杉田 100%マクロビやリビングフードではなくて、マクロビ風、リビングフード風だったりするんです。お肉が食べたいと思ったら、ちょっとだけお肉を食べることもあれば、酵素が足りないなと感じたら、サラダやジュースを摂ったり。私の中ではこれが理想の食事かなと思っているんです。

 

白澤 うん、いいですね。ネオマクロビ風ライフスタイルみたいな。

 

杉田 オーガニックも、100%オーガニックにするのはすごく難しいですから、オーガニック風とかオーガニック気分で(笑)。ファッションから入ってもいいと思うんですね。「痩せるために」「若返るために」こういう食事しなきゃ、っていう部分が大きくなってしまうと、疲れるし続かないと思うんです。

 

白澤 その考えは、すごく重要です。厳密にやろうとするのはよくないですね。気にしすぎると、免疫力が低下しますから。免疫力はストレス過多でもストレスゼロでも下がるんですよ。バランスが非常に重要なんです。だから、なんとか風という「風」のところがとてもいいんですよ(笑)。

 

杉田 最近、私が食事を変えたって言うと、「え? 葉っぱしか食べないの?」「もうお肉は食べないの?」「お酒はやめちゃったの?」って言う人もいるんですけど、私の場合そういうことではないんです。完璧にやろうとする方も多いですけど、完璧じゃなくていいと思っています。ネオマクロビ的な生き方が、私には心地いいんです(笑)。

 

白澤 それはすごくいいと思いますね。みなさんに伝えたいですね。

 

白澤先生対談(ミラクル免疫力)

 

 

 

 

『ミラクル免疫力をつけると、老けない!』(集英社1,100円+税)

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-333127-5&mode=1

 

 

 

 

次回は、白澤教授と女優の杉田かおるさんの対談③「有機野菜中心の食生活で免疫力を上げる」というお話です。

 

 

 

撮影/奥谷 仁 編集・構成/遠藤励子

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第5回
第2章 ミラクル免疫力対談:白澤卓二教授VS女優 杉田かおる/②免疫力が低下する原因

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top