自信が持てる歯は"私らしさ"の基本です②中島史恵さん


歯もバランスのよいエイジングケアが大切! 今回はタレントの中島史恵さんにお話を伺いました。過去の治療経験からデンタルケアをとても大切に考えている中島さん。信頼できる歯科医の指導を受けながら、歯と歯茎の健康を保つケアを行なっているそうです。

 

 

 

「歯だけでなく、
土台である歯茎のケアも
意識していきたいですね」

デンタルIQ 中島史恵さん

中島史恵さん

Fumie Nakajima

1968年生まれ。’94年、第1回シェイプUPガールズオーディションでグランプリを受賞し、芸能界入り。メンバーとして人気を博す。現在は空中ヨガや岩盤浴エクササイズなどの「avity代官山スタジオ」を主宰

 

 

 

 

よい医師との出会いが歯を
よみがえらせてくれました

 

「芸能界に入ったばかりの頃、ある歯科医院で歯並びを整えるために差し歯にしました。ところが、歯茎の変色などの不具合が起きて。その後、ノブデンタルオフィスの北原信也院長に出会い、治療をやり直していただきました。今はとても快適です」

と、ハツラツとした魅力的な笑顔で語ってくれた中島史恵さん。ノブデンタルオフィスで、上前歯はインプラントで作り直し、下前歯にはラミネートベニア(表面を薄く削り、セラミック製の薄片を貼りつける治療法)を施したそうです。

 

「ラミネートベニアを貼って10年ですが、汚れもつきにくくきれいなままです。今は3カ月に1度、北原先生のところでクリーニングをしています。歯磨きは1日3回。電動歯ブラシと普通のタイプを体調に合わせて使い分けて。私は歯茎が弱く疲れているときは腫れることもあるので、その際は普通の柔らかい歯ブラシを斜め45度に傾けて、歯と歯茎の隙間をマッサージするように磨くことを心がけています」

 

歯ぎしりをする癖があるため、夜はノブデンタルオフィスで作ったマウスピースをつけて寝ている中島さん。今のままの歯並びをキープするためには、欠かせない習慣なのだそう。

 

「最初の差し歯では大変な思いをしましたが、結果として信頼できる歯科医に出会えたので、あの経験も無駄ではなかったと思っています。この先、年齢を重ねるうえで気になるのは、歯茎の痩せですね。要である歯茎が衰えると、歯もダメになってしまうので。これからも歯科医の指導を受けながら、歯と歯茎の健康を保っていきたいです」

 

 

 

 

中島さん愛用のデンタルケアグッズは次のページで!

シェア ツイート LINEで送る
第2回
自信が持てる歯は"私らしさ"の基本です②中島史恵さん

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top