HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/208518/

28歳で子宮がんに。治療を終えたあとの QOLも上げたい/がんサバイバー素敵女医の「がんとの向き合い方」②

がんサバイバー素敵女医の「私の場合」

 

今や2人に1人はなるともいわれる「がん」。素敵女医の皆さんは、この病気にどう向き合っているのでしょうか?  皮膚科・形成外科の水野寿子先生にお話しを聞きました。

 

 がんを目の敵にするのではなく、 どう共存していくかが重要

水野寿子さん皮膚科・形成外科 旭川皮フ形成外科クリニック

水野寿子さん
Hisako Mizuno
56歳 皮膚科・形成外科 旭川皮フ形成外科クリニック

 

水野先生の経緯
●28歳のときに子宮がんに
●化学療法をしたのちに手術
●術後、薬物療法と放射線治療を受ける
●治療に8カ月を費やす
●治療を終えて1カ月後に仕事に復帰する
●リンパ浮腫に悩まされる
●術後28年が過ぎた今も、半年に一度、腫瘍マーカーを含む血液検査と超音波、組織検査などを受けている。PET検査は医師と相談しつつ継続
●現在も2年に一度、リンパ浮腫の手術を受けている

 

がん治療を終えたあとの QOLも上げていきたい

 

水野寿子先生は、28歳のときに子宮がんになりました。検査を受けたときにはかなり進行していて、原発巣がどこかわからない状態だったのだとか。

 

「臨床的にも病理学的にも子宮体がんか子宮頸がんか同定できず、原発部位は不明のまま。でも当時、自覚症状はほとんどなく、たまに不正出血がある程度だったんです。ほかには腹痛も貧血もありませんでした。不正出血の量が多かったので、たまたま手があいていた院内の婦人科の医師に診てもらったら見つかった、という感じでした」

 

手術の前に、薬物療法でがんを小さくすることになった水野先生。脚の動脈の中に管を入れ、そこから抗がん剤を注入する治療を受けたそう。

 

「餅は餅屋で、すべてプロである先生にお任せしていました。私の場合は、抗がん剤の副作用で落ち込むとか、うつっぽくなることはなかったですね。ある程度がんが小さくなったところで、広汎全摘手術とリンパ節郭清(病巣付近のリンパ節の切除)をしました」

 

手術後にもう一度抗がん剤治療をし、さらに放射線治療を実施。短期の入退院を繰り返しながら、約8カ月を治療に費やしたといいます。

 

 

「その後、1カ月ほど休んで仕事に復帰し、復帰してからは普通に当直もこなしていました。ただ、自分ががんになってわかったことですが、治療する医師の側は『命が助かったんだからいいじゃない』という感じで、患者のQOLを考えていないこともあるのです。例えば手術後のリンパ浮腫にしても、外科が婦人科と連携しておらず、医師がうまく対応できない。私は現在も2年に一度リンパ浮腫の手術をしていますが、それですごく調子がよくなるかというと、そうでもないのが残念です」

 

水野先生は今も半年に一度のペースで、がんの検査を受けています。

 

「PET検査(陽電子放射断層撮影。検査薬を点滴で人体に投与し、がん細胞だけに目印をつける検査)は、普通は5年くらい様子をみて卒業になるのですが、私は腫瘍マーカーがずっと高めなのもあり、状況が特殊なので、医師と相談して続けています。今はがんを目の敵にするよりも、どう共存していくかが重要だと考えています。健康のためにサプリメントをとったりもし て、体調を整えながら、上手にがんとつき合っていきたいです」

 

 

イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

 

 

MyAge2019秋冬号 購入アイコン

お悩み別の記事を読む

子宮
卵巣
がん
痩せる
セルフケア
筋活

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第1回/がんで最もリスクが低く効果の高いのが「標準治療」/素敵女医の「がんとの向き合い方」①…

次の記事>

次の記事>
第3回/42歳で乳がんに。幹細胞を入れて胸の形を整える施術を/がんサバイバー素敵女医の「がんとの向き合い方」③…

この連載の最新記事

【チェックリスト付き】近頃気になる口腔がん、どういうもの?/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑬

第13回/【チェックリスト付き】近頃気になる口腔がん、どういうもの?/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑬

がんは入院より自宅療養が長い時代。安心して治療に専念できる「がん保険」を/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑫

第12回/がんは入院より自宅療養が長い時代。安心して治療に専念できる「がん保険」を/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑫

「がん保険」で300万円はカバーできる仕組みを作っておきたい/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑪

第11回/「がん保険」で300万円はカバーできる仕組みを作っておきたい/素敵女医の「がんとの向き合い方」⑪

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル