OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/doctor/226256/

日常的な運動で、元気に見える体づくり/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策④

50代からのダイエットは“痩せすぎ”に注意! 急な体重減少は運動機能の低下や生活に必要な筋肉まで落としてしまいます。常喜眞理先生がおすすめする日常的な運動で、無理のなく元気な体づくりを!

 

サルコペニアやロコモティブシンドロームを招く“痩せすぎ”にも注意

 


常喜眞理さん
Mari Joki

56歳 内科
常喜医院

 

体重の増減より、筋トレで元気そうに見える体づくりを

 

日頃は美脚が際立つスリムジーンズがトレードマークの常喜眞理先生。実は今回のテーマとは真逆の、「気を抜くと痩せてしまう」という悩みを抱えています。

 

「50代になると、体重の減りすぎはロコモティブシンドローム(運動機能不全)やサルコペニア(筋力・筋肉量の低下)につながります。

 

体重の増減より、筋トレを頑張って元気そうに見える体づくりを目指しています」

 

一駅歩く、スクワットをするなど日常的な運動を

 

痩せすぎないよう、先生が実践していることは次のとおり。

 

「食事はしっかり。朝は果物とヨーグルト、昼と夜は動物性タンパク質と炭水化物、野菜。お肉は大好きなので牛・豚・鶏なんでも食べます。

 

ジムには行かず、一駅ぶん歩いたり家でスクワットをしたり。まずは続けることが一番なので。夜は12時前に寝て朝7時に起床。これくらい眠ると体調も整います」

 

 

「夜、髪を乾かす際に、スクワットを50回しています。膝は完全に曲げず、空気椅子に座っている感じで。あとは嚥下(えんげ)機能を維持するために、口をイーッとしたりエーッと舌を前に出したりする運動も」

 

 

撮影/森山竜男 ヘア&メイク/田代ゆかり(HAPP’S) イラスト/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

 

 

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第3回/60代で動ける体に!50代から下半身強化/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策③…

次の記事>

次の記事>
第5回/太らない体を作るには、筋肉量を保つ/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策⑤…

この連載の最新記事

痩せるだけでなく体を美しくデザインする/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策⑭

第14回/痩せるだけでなく体を美しくデザインする/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策⑭

無理のない運動で太らない体に/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策⑬

第13回/無理のない運動で太らない体に/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策⑬

お風呂で基礎代謝をアップする/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策⑫

第12回/お風呂で基礎代謝をアップする/在宅太りにも! 素敵女医の体型維持対策⑫

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル