HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/269313/

背中の痛みを取るには、まず首肩や横隔膜から筋膜リリース<背中の痛みを改善①>【動画あり】

背中に違和感や痛みがあるからと、背中を一生懸命ケアしてもよくならない。そんな人こそ順を追って、背中以外のエリアから筋膜リリースを!

 

背中よりも先に、体の前側を楽に動かせるようにリリース

背中が張る、反ると痛い、深呼吸すると痛い、胸を張ると痛い、痛くて姿勢を保っていられない…などの訴え。原因は長時間の同じ姿勢、過緊張や歪みが多いのですが、これは肩こり・首こりと同じ筋膜リリース法でも改善できます。

 

むしろ猫背や巻き肩などの屈曲によって、肋骨や背骨が硬くなり、前側の筋肉が縮まってしまうほうが困りもの。正しい呼吸やよい姿勢をとれるように、まず体の前側にアプローチすることから始めます。(トレーナー酒井大輔さん)

 

背中の痛みに、肩こり・首こりのリリース法を試してみる

肩や首の痛みの延長であることが多い背中の痛み。同じリリース法で改善されることもあるので、まず試してみて!

 

手で横隔膜をほぐす

横隔膜は「膜」とはいえ、れっきとした筋肉です。これが硬いと正常な呼吸ができず、本来と違う筋肉が過緊張し、背中に影響が出ます。まずは簡単な方法で横隔膜をリリースしましょう。

●ほぐしエリア

横隔膜のほぐしエリア

ブラトップ¥7,500/ルルレモン レギンス¥10,450/アイロックス(ONZIE)

 

横隔膜は肋骨の内側をぐるっと囲むように付着しています。みぞおちから脇腹まで、肋骨のきわに沿ったエリアを目安にリリース。

 

●肋骨の下6カ所をに指を入れ込み各10秒キープ

肋骨の下に指を入れ込み背中や腰はリラックス

背中や腰はリラックスして力を抜き、肋骨のすぐ下を片側を3つに分け、合計6カ所を各10秒キープ。指を支点に筋肉全体にテンションがかかり、これだけでリリース完了

 

 

 

 

教えていただいたのは

酒井大輔さん 全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)

酒井大輔さん
Daisuke Sakai

1974年生まれ。全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)。数々のスポーツチームのサポート、10年間の船橋整形外科病院勤務を経て、現在は地域密着型のコンディショニングスタジオ「船橋オルトベース」主宰。イオンスポーツクラブのスタッフ育成などにも従事。

ホームページはコチラから

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/三浦真淑 モデル/SOGYON スタイリスト/鈴木由里香 監修/酒井大輔(船橋オルトベース) 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第18回/ボール1個で小胸筋をほぐす<四十肩・五十肩を筋膜リリースで改善③>【動画あり】…

次の記事>

次の記事>
第20回/背中の痛みをローラーで解消!<背中の痛みを筋膜リリースで改善②>【動画あり】…

この連載の最新記事

足の裏と腸腰筋をボールでほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善③>【動画あり】

第28回/足の裏と腸腰筋をボールでほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善③>【動画あり】

ボールでふくらはぎをほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善②>【動画あり】

第27回/ボールでふくらはぎをほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善②>【動画あり】

膝と股関節痛は同じ筋膜リリースで改善できる。まずは太ももほぐしを<膝・股関節の痛みを改善①>【動画あり】

第26回/膝と股関節痛は同じ筋膜リリースで改善できる。まずは太ももほぐしを<膝・股関節の痛みを改善①>【動画あり】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル