HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/275106/

知らなかった! 3大老け見え姿勢「猫背・巻き肩・カメ首」改善に大切なこと

すぎ

すぎ

趣味は好きなバンドのライブ追っかけをしながら、全国のおいしいものを食べること。
摂生のストレスよりも心の健康を一番に、楽しい! 幸せ! と思える毎日を送りたいと思っています。(ただ自分に甘いだけ……かも?)

記事一覧を見る

こんにちは。MyAge編集長の、すぎです。

 

何気なく撮られた後ろ姿の写真に、愕然としたことはありませんか?  40歳過ぎから気になる3大老け見え姿勢「猫背・巻き肩・カメ首」は、痛みや万病のもとでもあります。

 

猫背

猫背イメージイラスト

肩~腰が丸くなった姿勢。バランスをとるためにぽっこりお腹になるだけでなく、便秘、逆流性食道炎、腰や膝の痛みに発展することも。

 

巻き肩

巻き肩イメージイラスト 猿と

肩が前に出ている状態。前かがみの姿勢が長い人に急増中。胸郭が狭くなり、肩こりをはじめ、呼吸器障害を引き起こすことも。

 

カメ首

カメ首イメージイラスト

首が前に傾き、頸椎のカーブがない状態。ストレートネック、スマホ首ともいわれ、猫背や巻き肩との併発も。二重あごの原因にも。

 

 

この3大老け見え姿勢を改善するためには、まず日常生活から「正しい姿勢でいなくては!」と思いますよね。

ところが、実はよい姿勢とラクな姿勢、両方とることが大切」なんだそう。

良い座り姿勢 yumicoさん

よい姿勢というのは、筋肉を使って、靱帯は休んでいる状態。筋肉の疲労がたまり、長時間維持できなくなります。よい姿勢をとることで、背筋の筋トレになりますが、これだけでも腰痛の原因に。

良い姿勢の筋肉イラスト

一方、ラクな姿勢の場合は

悪い座り姿勢 yumicoさん

筋肉は休んでいますが、靱帯を使っている状態。これを続けていると、体の歪みが定着して、猫背、巻き肩、カメ首に。やがて肩、腰、膝などの痛みに発展することもあります。

悪い姿勢の骨と筋肉イラスト

よい姿勢とラクな姿勢の両方を取り入れることで、“柔軟性”を高めることが、姿勢の改善や痛み防止のための最初のステップ。

 

 

ポイントは体にかかるストレスを上手に逃していくこと。そして、少しずつよい姿勢の時間を長くすることです。こうすることで、体がこり固まるのを防ぎ、背筋を鍛えることができます。

座り姿勢のコツ イラスト

同一姿勢を長時間とることは、体の負担になり、姿勢の悪化を招きます。会議などで長く座っている必要がある場合は、よい姿勢→足組み→頰杖を繰り返すのが正解。

背すじを伸ばすと背筋の筋トレに、足を組むと内転筋が緩み、頰杖は背筋を休める効果が。同じ姿勢を避け、こうしてストレスを上手に逃します。態度が悪いと思われないように、さりげなく行いましょう。

 

MyAge春号のBOOK in BOOK「猫背・巻き肩・カメ首」大改造では、こんな日常生活のポイントから、となえてイメージするだけで心身の緊張が緩み、姿勢がよくなる「魔法のフレーズ10」、そして「くびれ母ちゃん」の愛称で知られるYumicoさんによる「猫背」「巻き肩」「カメ首」それぞれを解消する3ステップの簡単エクササイズをご紹介。編集スタッフの姿勢も改善されましたよ!

 

ぜひ手に取ってお確かめください。

MyAge2022春号 表紙 篠原涼子さん

MyAge 春号の詳しい内容と試し読みはこちらでぜひチェックを!

MyAgeのご購入はお近くの書店にて。HAPPY PLUS STOREでもお買い求めいただけます。

最新号およびバックナンバーはこちらのネット書店でも。

 

監修/山口正貴(東京大学医学部附属病院リハビリテーション部 理学療法士) イラスト/おおさかあゆみ 撮影/塩谷哲平 ヘア&メイク/木下庸子(プラントオパール) モデル/Yumico(YumiCoreBody) 取材・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル